腸内環境改善に悩む方へ。

あなたの腸内環境改善は本当に大丈夫ですか?

下痢や便秘以外にも皮膚炎や胃腸炎、大腸がんなど
人間のほとんどの病気は腸内環境改善により決まると言われています。

「汚れた腸が病気をつくる」

これはアメリカの医学博士バーナード・ジェンセン氏の言葉で、
いまでも多くの医師や専門家が「健康=腸内環境改善」という図式をもち、
多くの書籍を出版されています。

しかし書籍やインターネットで腸内環境改善について調べると、
たくさんありすぎて何を信じて良いのか混乱しているのではないのでしょうか。

たとえば牛肉について調べても、
ひと昔前までは「寿命を縮める」、「病気になる」と言われ、
野菜やフルーツを中心にした食事をしていた方が多かったと思います。

それが今では、

「本当は肉は体に良い!お年寄りもたくさん食べましょう!」

などと言われていますね。

野菜も同様で、サラダの食べ過ぎで便秘になったり、
やせ細ってしまい病気にもなりやすくなってしまいます。

一般的にスムージーが健康飲料の代表格とされていますが、
毎日飲んでいるけど返って便秘になってしまう方もいらっしゃるようです。

でも生野菜も加熱野菜も両方食べないと病気になってしまうという現実がある。

これら全て間違った健康法を教えられてきた結果、
悩み現在に至る方が多いのです。

申し遅れました。

私、愛知県に住む古財と申します。

私は幼いころから胃腸が弱く、
近くの病院で薬をもらい腹痛や風邪などの病気を治す生活をしておりました。

一度風邪やインフルエンザになると1週間は熱が下がらず、
学校の担当教師は登校拒否になったのかと心配するほどで、
よく電話がかかってきました。

父も母も共働きだったので金銭的な生活には不自由しなかったものの、
食事はいつも冷凍食品とインスタントラーメンばかりで、
久しぶりに家族3人がそろっての食事もファミリーレストランというものでした。

母は職業婦人で会社では信頼が厚かったものの、食事に関心はまったくなく、
たまに作ってくれた手料理は冷凍食品を暖めたものと即席スープ、
病気になったときに出してくれた食べ物はヨーグルトとスポーツドリンクというものでした。

父は私が中学に行く前に単身赴任で県外を転々とし長期休暇の盆と正月だけは顔を見せてくれました。

そのため父と過ごした思い出はあまりなく、家族で撮影した写真も母と私だけでした。

時はすぎて、高校、大学に進学したものの私の胃腸は悪く、
当時縁があった女性に食事を作ってもらったときに生野菜の重要性を教えてもらいましたが、
その時はあまり関心がありませんでした。

社会人になってから自分の胃腸の弱さを周りを見て気づかされることになりました。

職場の誰よりも休みがちで居心地の悪さがあり、
上司からも「生産性が低い。」と陰で言われることもありました。

その後、会社の人間ドックで3cmと1cmのポリープが見つかり、

「なんで自分が?」

ガンだったらどうする?内視鏡だけではわからないのか?
いや、本当はガンじゃないんだろう?

と色んな思いが駆け巡り、医師に相談しても、

「良性か陰性かは切らないとわかりません。」

と言われ、不安な気分が続き夜も寝れませんでした。

しかし私は、切らない道を選びました。

もちろん不安はあったのですが、
もし半年したら小さくなったら?というわずかな望みにかけてみたかったのです。

とにかく自力で治したい。

それだけを思い、とにかく必死で書籍やインターネット、
セカンドオピニオンで他の医師に相談したり、考えられる全ての方法を試し、
貪欲に知識をつけていきました。

半年後、ポリープが無くなった。

「古財さん、良性だったんですね。良かったですね。」

にっこり笑った医師からその言葉を投げかけられましたが、
素直に喜べませんでした。

なぜならその笑顔を見た時に、
体調が悪いから医師から処方薬をもらうということは
決して正解では無かったという現実を突きつけられてしまったからでした。

その後、信じがたいことですが体調はどんどん改善していき、
会社を休むこともなく現在はマラソンができるほど回復したのです。

なぜ、医師から処方薬もらうことは決して正解ではないのか?
なぜ、間違った健康法を実践している方が多いと言い切れるのか?

この2つ答えの全てをこのサイトに詰め込みました。

その理由は、私と同じように健康に不安を抱えるもう1人のだれかのためになればと思い、
書き残すことにしました。

このサイトでは次のような悩みが解決します。

・腸内環境が改善して長期的な便秘や下痢にならなくなる。

・風邪や腹痛など、病気に対する抵抗力がつくようになる。

・もしかしたらすぐ死んだらどうする?という不安がなくなる。

・いつも笑って過ごせるようになる。

もしあなたがこのサイトを読んで健康になれるのなら、
これ以上にうれしいことはありません。

とにかくできる限りわかりやすく書きましたので、
ごゆっくりおくつろぎくださいね。

古財