口臭が気になる方への口臭対策とは?

「ごめん、息がくさいよ・・・。」

と言われて傷ついたことが多々ありました。

そこで、パセリを食べたり、お酒を止めたり、
ガムや消臭タブレットなどなど色々やってみましたが、
じつは、ある方法を試したことで簡単に改善できてしまいました。

口臭がひどくなるのは、ドライマウスが原因!

口呼吸を頻繁にやっていると、頭がボーッとしたり、口の中がネバネバして、
ノドがきな粉を振りかけられたようなパサつき感で咳が止まらなくなることがあります。

「口からノドにかけて唾液が少ないね。ドライマウスかもしれない。」

呼吸器科で診察を受けたときにそんなことを言われました。

よく考えてみると、鼻づまりになると口呼吸が当たり前なので、
いろんな雑菌や排気ガスを吸い込んでしまうので仕方がないことなのかもしれませんね。

鼻づまりは点鼻薬と鼻うがいをしながら、
最終的に鼻うがい一本だけを習慣づけていけば自然と改善できますが、
口臭がひどかったのは中々治りませんでした。

臭いの原因をなんとかしないとダメ!

臭いの原因はドライマウスの他、食べ物もそうなのですが、
基本的に「酸化」が引き金になります。

揚げ物の古い油、肉類、
玉ねぎやニンニクなどに含まれるアリシンや硫化アリルの抗菌作用で滅菌されて発生した微生物の臭い、
加齢臭による「ノネナール」も細胞を酸化させて臭いを発生させる原因なんですね。

そのため、

・抗酸化作用のあるフルーツや野菜をしっかり食べる。
・適度な運動をする。
・ストレスを溜めない。
・やれるなら、1日断食して胃腸をすっきりさせる。

この4つが口臭を無くすポイントになるんですが、
毎日フルーツを食べたり、運動をするのが大変でイヤになってくるんですよね・・・。

最終的に止めてしまい、また臭いをなんとかしたいと思うようになる。

そんな泥沼化したスパイラルにはまりながら、

もっと簡単でいい方法はないのか?

そんなことをひたすら考えていました。

臭いには中和と、化学消臭がある。

僕たちの体から発生する臭いは、食材うんぬんよりも、
消化液(唾液、胃酸、胆汁など)が原因となります。

あの排便やオナラが臭いのも、食べた食材が悪いだけではなく、
食べ物を消化させるために発生した消化液が原因なんです。

それで、この消化液から発生する独特な臭いの成分だけを中和したり、
違う元素をくっつけることで別物に変化させると。

昔、理科の実験で水(H2O)を電気分解して
酸素(O2)と水素(H)にした逆バージョンということなんですね。

つまり臭いを消すためには、ヒトの体から発生する独特な臭いを別の臭いで中和すること、
そして他の物質を使って科学的に別のものに変化させることが重要なのです。

それでついに見つけたのがこのサプリでした。

口臭が消えるサプリはコレ

口臭対策で色々なサプリや消臭タブレットを使いましたが、
正直、効果があるといったものは中々ありませんでした。

もう少し早く気づけば良かったと、今でもそう思っています。