腸内環境改善でカニって食べ過ぎて大丈夫?

カニにはタウリンやキチン・キトサンが豊富に含まれており、
飲みすぎや病気になりがちな体を回復させてくれる効果があります。

べつにたくさん食べ過ぎても特に問題ありませんが、
妊婦さんや小さなお子様はあまり食べない方がいいかもしれません。

というのも、リステリア菌などの菌類がいるかもしれないので、
食中毒や流産になる可能性もあるからです。

細菌類に感染する確率は非常に低いですが、
万が一のことを考えると避けた方が無難なのかもしれませんね。

カニに限らず魚介類には悪玉菌の心配がつきまとい、
妊婦さんやお子様には生魚は食べられません。

「おいおい、このサイトは生魚を推奨しているんじゃなかったのかい?」

火を使わなかった当時の人間(サル)のときは、生食で病気になる子供が多かったので、
人間の絶対数が調整されていましたが、火を使うことで病気にならなくなりました。

子供や妊婦さんは、一般の成人の方に比べて体が弱く、病気になりやすい特徴があります。

犬でも、子犬用、成犬用、老犬用とドックフードがあるように、
人間にもその人に応じた食事が必ずあります。

カニを食べ過ぎても大きな病気にならないのは成人の場合だけ。

人間は雑食なので、常にバランスを意識して、
バランスの良い食事をこころがけましょう。