腸内環境改善で思ったけど炭水化物をとりすぎたらどうなる?

お菓子や飲み物にも含まれている炭水化物と糖分を取りすぎるとなぜ太るのでしょうか?

炭水化物は最終的にブドウ糖という糖分に変換されて脳の栄養になります。

脳もブドウ糖全てを吸収できるわけではないので、
とりすぎた糖分は脂肪として蓄積されていきます。

結果として、糖分過多になってしまい太ってしまうということをいいたいのですが、
現代の食事のほとんどは炭水化物と糖分が多すぎるので、
これが肥満の原因となります。

「でもさぁ、別に気にする程度ではないんじゃないの?」

炭水化物は米、ムギ、イモ類などが定番ですが、
お菓子やご飯、パン類だけではありません。

ラーメン、そば、うどん、パスタなどの麺類、フライドポテト、
目に見えてわかるものだけでも結構ありますが、
意外なことに家畜や養殖魚も穀物を含んだ飼料を与えられているので、
これらの食品もたくさん食べれば太ります。

「肉は太らないって聞いたことがあるぞ。」

最近、肉類を食べた方がいいという意見もありますが、
これを突き詰めていくと一部のグラスフェッド系の肉しかなくなります。

グラスフェッドも健康志向が気になる客層をターゲットにした食品などと言われていますが、
これには穀物で育てられてしまったがゆえに、過剰な飽和脂肪酸(オメガ6)を蓄えすぎた、
家畜類の摂取を止めた方が健康だという理論に基づいています。

パレオ食の方が高価なグラスフェッドビーフを購入していますが、
天然の魚介類にもオメガ3となる不飽和脂肪酸、DHA、EPAを大量に保有しているうえ、
加熱しない刺身なら効率よく不飽和脂肪酸を摂取できます。

刺身だろうが肉類だろうが、穀物系の炭水化物を含んだ食品を避け、
決められた分量だけ炭水化物を摂取していけば自然と痩せていきます。

また、日本酒、ビール、ウィスキー、焼酎など穀物やイモなどのデンプン類、
いわゆる炭水化物系のお酒は糖分過多になるのでこれらも肥満の原因になります。

こういう炭水化物じゃないけど炭水化物の食品が結構あるので、
肥満気味なら注意してください。


2016年7月30日 腸内環境改善で思ったけど炭水化物をとりすぎたらどうなる? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A