腸内環境改善とキャベツは関係ありますか?

腸内環境とキャベツの関係は、
ビタミンUとKの効果にあります。

このビタミンUとKには胃炎や胃潰瘍に対して効果があり、
あさりやシジミ、レバーなどと一緒に食べると、
腸内環境を強化することができるという、
まさに腸内環境には申し分のない野菜です。

またキャベツはカロテンが豊富で、
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

ビタミンKは傷ついた部分を止血する効果、
ビタミンUは胃酸の分泌を抑え粘膜の修復を助ける効果があり、
この2つが合わさることにより、腸内環境と胃腸が
2倍にも3倍改善できる効果があります。

基本的に千切りにして食べる方法が主ですが、
生で食べるとそれだけでお腹がいっぱいになってしまいます。

蒸してポン酢や他の食材とくるめば、
無理なく食べられる上、栄養素も壊れません。

逆に水にさらしてシャキシャキした食感を楽しみたい場合、
短時間なら水を吸うだけなので栄養素が流れてしまう心配はありません。

基本的に年中食べられる野菜ですが、
春に収穫できる春キャベツは、やわらかく甘みがあり、
ピザ、ロールキャベツ、ポトフ、チャーハンなど、
あらゆる料理に効果を発揮します。

またレモンやミカンなどの柑橘類と合わせて食べると、
動脈硬化予防、血行促進に効果あり、
腸内環境ためには常備しておきたい野菜の1つです。