鼻茸と急性咽頭炎の関係は?

鼻茸と急性咽頭炎の関係というと、関係なさそうにも思えますが、
急性咽頭炎から鼻茸が発症することもあります。

なぜそうなるのか?

まず急性咽頭炎は風邪やインフルエンザ、花粉やPM2.5などのアレルギー物質によって発症する病気です。

元々病弱であったり、アレルギー体質であれば、
空気を吸い込んだときに拒否反応が出て、咳や痰を発症します。

咳や痰が発症すると、
とにかく口から出したくなるあの不快感が続くようになり、
ノドを鳴らしたり、痰を出そうとする。

これが連続して起きるようになれば当然ノドが荒れるようになり、
急性咽頭炎になるというわけです。

急性咽頭炎は細菌やインフルエンザのようなウィルスが原因で腫れているのであれば、
薬で治ってしまうこともありますが、場合によっては慢性的に続くこともあり、
呼吸器科に通う人もいます。

ただ、しきりに鼻水や痰が出て来るのであれば、粘膜が肥大することもあり、
やがて蓄膿症、鼻茸につながっていくということなんですね。

蓄膿症や鼻茸がひどくなると、副鼻腔という場所に痛みが発症するようになり、
頭痛、目に痛み、頬が痛むといった症状がでてきます。

たいてい、痛い場所に詳しい専門医に診てもらうのが普通なのかと思いますので、
その時は蓄膿症とは思わず、脳神経科、眼科、歯科に行ってしまうこともあります。

その後、レントゲン撮影して、

「あっ、これが蓄膿症なんだ!」

と気づくものなんですね。

ただ、細菌やウィルスによる急性咽頭炎は症状が酷くても治りが早くまだ良いものの、
アレルギー性になると将来的に鼻茸にまで発展することがあります。

アレルギー性の急性咽頭炎には注意!

その理由は、まず人のアレルギー体質は抗生物質では治すことができません。

子供のアレルギーであれば、いつの間にか違うアレルギーに変化(アレルギーマーチ)したり、
治ってしまうこともありますが、大人の場合はそのままダラダラと永遠につづいてしまいます。

アレルギー体質を改善させるために、
ナス科の植物や豆類、揚げ物は避けた方が良いという意見もありますが、
これらも立証の段階には至っておらず、

「まあ、やらないよりはやった方が良いかもね」

ぐらいでしかない感じですね。

アレルギー体質は基本的に完治しないので、
どんどんひどくなり慢性化するようになります。

アレルギー体質を改善させる方法はないのか?

アレルギー体質を改善させることはできませんが、
和らげることはできます。

まず空気清浄機などを使い、アレルギーが起こらないような生活環境をつくること、
外出中はマスクなどの防御策を考えることが大切です。

これとは別に、乳酸菌サプリが有効とされています。

というのも、元々アレルギー体質の人はそんなにいなかったにもかかわらず、
年々上昇しているということがあります。

その背景として現代的な食生活や排気ガスを吸い続けて結果ではないかと言われています。

僕たちの体には、危険な毒を入り込むと、それを攻撃するように司令を出す細胞があります。

この細胞のことをT細胞と呼んでおり、T1(病原菌などが専門)T2(アレルギーが専門)に別れています。

ただこの細胞はどちらかが増えると、片方が減ってしまうという特徴があり、
病気にならなくなった代わりにアレルギー体質が増えていることも一理あるのかもしれませんね。

中でももっとも有力とされているのが近年になって、
ラクトバチルス・アシドフィルスという体内にいる乳酸菌がアレルギー改善に効果あるということが分かってきました。

アシドフィルス菌は、強く反応しすぎるT2細胞をアポトーシス(自然死)させる効果があることがわかり、
最近では色んなアレルギー抑制効果がある乳酸菌サプリが販売されているようになっていますね。

2017年8月1日 鼻茸と急性咽頭炎の関係は? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A