鼻茸と好酸球性副鼻腔炎の関係とは?

好酸球性副鼻腔炎とは、鼻の中で大きな鼻茸ができてしまい、
手術しても再発してしまうという難病の1つと言われています。

一般的に抗菌薬や抗アレルギー薬、ステロイド点鼻薬を使うと一時的に症状が改善することがありますが、
長期的に薬を服用することは危険なので、服用を中止したときにまた大きくなってしまうことがあると言われています。

副鼻腔炎(蓄膿症)は副鼻腔に細菌が集まって膿を作り出す病気なのですが、
好酸球(白血球)はアレルギーにも反応します。

花粉症などのアレルギー鼻炎で鼻汁好酸球検査で鼻水にどれくらい好酸球が含まれているか検査するのも、
そういう意味があるからなんですね。

抗菌薬を飲んでも再発してしまう鼻茸の場合は、後者である場合が多く、
何度も手術をした結果、匂いがわからなくなってしまったという方もいらっしゃいます。

好酸球性副鼻腔炎は治らないのか?

現在、ナゾネックスやアラミストような点鼻薬や、ジェニナックやクラリスのような抗菌薬であっても、
どれも対処療法薬(一時的に症状を和らげる)しかなく、長期的に服用することはできません。

元々アレルギー体質がいなかったにもかかわらず年々増加しているのは、
生活習慣を見直せば症状が改善するのかもしれません。

その中でも現代の生活において、
病原菌よりももっと怖いのが、排気ガスや食生活にあります。

これらを完全に避けて生活できれば鼻茸の再発も避けられるのかと思いますが中々難しいかもしれませんね。

ただ、アレルギー体質の人の場合、白血球の1つであるヘルパーT細胞の量がアンバランスだということがわかっています。

ヘルパーT細胞は外部から入ってきたものを外に出すのか、中に取り込むのか判断する細胞で、
体に害を与えるものと判断された場合、これを追い出そうとしたり、抗体を作って攻撃をします。

アレルギーの場合は中に毒物もありますが、食材や本来体に必要なものにもかかわらず、
攻撃したりしてアナフィラキシーショックを起こして生命の危険にさらされることもあります。

その原因となるのがヘルパーT細胞の量なんですね。

またヘルパーT細胞は病原菌担当(T1)アレルギー担当(T2)に別れており、
どちらかが増えると、片方が減ってしまうという特徴があります。

たまに鼻の病気の本やサイトを読むと、
「T1」「T2」という細胞がシーソーのようなバランスを保っていて、
T2が増えすぎた結果、アレルギーに敏感になり病気になりやすいという話がありますがあのことなんですね。

増えすぎたT2細胞を抑える方法がある

元々僕たちの体内には、アシドフィルス菌という乳酸菌いて、
増えすぎたT2細胞をアポトーシス(自然死)させる力があります。

ところがアシドフィルス菌は常在菌であるにもかかわらず、
年々体内で減少していきいます。

また食材で摂取しようとしてもアシドフィルス菌が含まれた食材はほぼ無いに等しいので、
基本的に乳酸菌サプリで体調を整えるのがもっとも有効とされています。

各企業で効果の高いサプリがいくつか販売されているので、
もしかしたら治るのかもしれませんね。

2017年8月2日 鼻茸と好酸球性副鼻腔炎の関係とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A