鼻茸とアレルギー性鼻炎の関係は?

花粉症も含めてアレルギー性鼻炎は治すことは困難です。

そもそもアレルギーを治す薬はまだこの世に存在しません。

そのため、アレルギーに関連する鼻茸は比較的できやすいので注意してくださいね。

アレルギー性鼻炎で鼻茸ができる理由

鼻茸は膿の塊であるものと、ポリープ、鼻の粘膜が肥大したものとあります。

大雑把に「鼻茸」というくくりで呼ばれていますが、
鼻茸ができる原因はそれぞれ違います。

ただアレルギー性鼻炎に関連する鼻茸の場合は膿ではありません。

ポリープか鼻の粘膜の肥大によるものですね。

人も年を重ねれば体のどこかに腫瘍ができることがあります。

たまたまできたポリープならば、切除してしまえば問題ありませんが、
粘膜の肥大はアレルギーに関連している場合が多いので、
切除しても再発する可能性が高いですね。

鼻の粘膜は、鼻水を放出する箇所であり、
保湿、保温のコントロール、外部から侵入した毒物を排出するため、
時と場合に応じて鼻水を放出します。

この鼻の粘膜も使いすぎるとタンコブのように腫れあがり、
鼻の通り道を塞いでしまいます。

鼻づまりが起きる原因はこのことなんですが、
この鼻の粘膜の腫れは場合によって戻らなくなってしまうことがあります。

これが鼻茸につながっていくというわけです。

初歩的な鼻づまりであれば、血管収縮剤やステロイド系の点鼻薬で症状が改善することもありますが、
血管収縮剤の場合は使いすぎると鼻の粘膜が腫れたままになり手術でなければ治すことができなくなります。

ステロイド点鼻薬は副作用がなく使いやすいので、
医師から処方された点鼻薬はたいていコレになります。

アラミストやナゾネックなどがそうですね。

わからない場合は、薬局やドラッグストアで売られている点鼻薬は買わないようにしましょう。

アレルギー性鼻炎の鼻茸を予防する方法

鼻茸ができる原因として、空気が悪い、敏感、アレルギー持ちなどが考えられます。

まず空気をキレイにすることで、
鼻の粘膜に極度なストレスを与えないようにする方法が大切でしょう。

主に自宅にいることが多い場合は空気清浄機を設置すると、
かなり体が楽になります。

鼻水や咳や痰などが出にくくなれば、空気が関連していますので、
そのまま続けていくと予防につながります。

次に鼻うがい。

鼻うがいとは、直接鼻に水を入れて奥に溜まったゴミを洗い出してしまう方法です。

非常に効果的な方法ではありますが、
鼻は、耳、ノド、副鼻腔につながっていますので、
間違って水が変なところに入ってしまうと出すことができなくなってしまいます。

とくにフケツな水を使った場合、雑菌が繁殖したり、
微細なアレルギー物質に反応して鼻茸が巨大化して、
中の副鼻腔を圧迫して痛むようになることもあります。

僕の場合は後者(鼻茸が大きくなって痛くなった方)だったので、
鼻うがいはおすすめしません。

鼻茸ができるケースとしては、結構レアなケースだったみたいですが、
鼻うがいも絶対に良いとは限らないんですね。

2017年8月5日 鼻茸とアレルギー性鼻炎の関係は? はコメントを受け付けていません。 相互リンク