鼻茸ができる原因とは?

鼻茸ができる原因はとくにこれだと決まっているわけではありませんが、
アレルギーに関する病気や、細菌やウィルスによる感染で膿が肥大して大きくなると言われています。

まずアレルギーの場合ですが、
「粘膜の腫れ」というものが鼻茸の原因になります。

内視鏡カメラでエノキのようなピロピロしたものが写ったものが鼻茸ですね。

これはアレルギー物質に反応して粘膜が肥大することでできた鼻茸です。

粘膜は鼻水を放出するための器官で、
保温、保湿を保ったり、
外部から侵入してきた毒や細菌類を鼻水で流しだす役割があります。

どちらにしても全て鼻水で解決しようとするため、
花粉のような季節限定のアレルギー鼻炎になると頻繁に鼻水を放出し、
赤く腫れ上がってしまいます。

鼻をかんで赤くなるのは外見のみではなく、
鼻水を放出していた粘膜も腫れ上がるようになります。

この時に空気の通り道を塞いでしまう病気を「鼻づまり」といい、
耳鼻咽喉科で点鼻薬を処方されます。

軽い鼻づまりであれば、ドラッグストアでも売られている点鼻薬でも簡単に治すことはできますが、
使いすぎると、薬で押さえつけられていた粘膜がゴムのような反動でさらに膨れ上がり、
巨大化してしまい点鼻薬では治らなくなってしまいます。

医師から処方されるステロイド点鼻薬であればそういった心配はありませんが、
薬局やドラッグストアで売られている血管収縮点鼻薬はそういった危険がありますので、
軽い鼻づまりでも耳鼻咽喉科にかかられることをおすすめします。

細菌類による鼻茸はどんなもの?

逆に細菌類やウィルスに感染して鼻茸になる場合もあります。

蓄膿症のように、副鼻腔に細菌が発生し、白血球との戦いを繰り広げた結果、
黄色い(黄緑の場合も)膿を発生させます。

この黄色い膿は、細菌類や白血球の死骸なので、
出来る限り鼻をかんで外に出した方がいいですね。

出しきれない鼻水は、水に弱い特性があるため、
鼻うがいで一度ふやかしてから放出してやれば簡単に取り除くことができます。

鼻うがいは早く鼻をスッキリさせるためには有効な手段ですが、
汚い水を使うとさらに病状を悪化させてしまうこともあります。

アレルギー体質でなければ鼻うがい用の薬用水も売られているので、
どうしても鼻がスッキリしなければそちらを試してみるのもいいでしょう。

一般的な予防策としてはこんなところですが、
元々体が弱かったり、フケツな環境に長くいることで、
鼻うがいでは取り除けないような膿を発生させることがあります。

膿も放置しておけば徐々に大きくなるので、
これが鼻茸になるんですね。

鼻茸の予防策は?

基本的に鼻に変なものを入れない、
汚い空気を吸わない、
アレルギーを避ける努力をする。

そのためには空気清浄機を設置することが効果的でしょう。

また、薬を飲み続けることは決して良いとは思いませんが、
花粉症であれば季節の時ぐらいは避けるように薬を使うことも検討しましょう。

2017年8月19日 鼻茸ができる原因とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A