鼻茸による好酸球と副鼻腔炎の関係とは?

花粉症かどうかを調べる検査で、「鼻汁好酸球検査」というものがあります。

好酸球はアレルギーに反応して増殖する白血球で、
鼻水に好酸球がたくさんいると花粉症などのアレルギー鼻炎の疑いがあると言われています。

そのため好酸球は体に必要ものなのですが、
あまりにも過剰に反応しすぎてしまい、
副鼻腔に鼻茸を作って圧迫してしまうということがあります。

これを「好酸球性副鼻腔炎」と呼ばれており、
切除手術を行ってもまた生えてくる難病の1つと言われています。

鼻茸を切ってもまた生えてくるのは、
その人のライフスタイルにあるアレルギーを完全に取り除かない限り永遠に続きます。

何度も手術を重ねた結果、
匂いまで分からなくなったということもありますので、
生活環境を見直し、空気清浄機をつけたり、食事に気を使ったりして、
最低限の努力をしながら気をつけていくしか方法がないでしょう。

鼻茸を小さくする薬はあるのか?

鼻炎の薬は、ほぼ全て対処療法薬であり、根本的な鼻茸を小さくする薬は存在しません。

とりあえず好酸球が増殖しているようならアレルギーに関する病気の疑いが高いので、
ステロイド系の点鼻薬やタブレットが有効かと思われます。

好酸球に関連した小さい鼻茸なら反応してくれますが、投与を止めれば再発するので、
結局はその場しのぎかカロナールやロキソニンに便るしかなくなるでしょうね。

好酸球が増殖しているということは、アレルギーに反応しやすい体質なので、
アレルギーになりにくい生活や食事を繰り返せば再発しにくくなるのかもしれません。

アレルギー体質を治す方法

僕たちの体には、ヘルパーT細胞という白血球がいます。

この白血球は外部から体に侵入した物質をどうするか決める役割があり、
敵や毒と認定してしまうと大量の抗体を作って攻撃をするようになります。

ヘルパーT細胞には「T1(病原菌担当)」「T2(アレルギー担当)」の2つがあり、
一部が多くなるともう片方は小さくなるという性質があります。

昨今、アレルギー患者が多く、アナフィラキシーショックで倒れたりする人のほとんどは、
ヘルパーT2が多くヘルパーT1が少ないためと言われており、
これが花粉症やアレルギー鼻炎にも関連していくというわけなんですね。

アレルギーは一度かかってしまうと治すことができないとはいえ、
アレルギーに反応しすぎる人とそうでない人に大きく分類されます。

その理由としてヘルパーT2細胞の量だと言われています。

そこでT2を減らしつつT1が増えていけば、アレルギーそのものを治せなくても、
反応しすぎないために鼻茸も再発しにくくなるというわけです。

アレルギー体質を改善させる食事

まず日々の食事には気を使った方がいいでしょうね。

トウガラシ、トマト、ナスなどのナス科の植物にはアレルギー体質になりやすいと言われています。

トウガラシやトマトは元々料理の食材として使われたのは現代になってからなので、
意外と歴史の浅い食材なんですね。

つぎに、シソの葉を多く食べる事。

シソにはルテリオンという物質があり、アレルギー体質でバランスを崩した状態を元に戻す力があります。

たくさん食べれば良いのか?というものではなく、
毎日2~3枚づつ摂取するのが理想だと言われています。

このように現代の生活環境では、
アレルギーになりやすい食生活が多いとも言われていますので、
色々と調べていけば鼻茸はもちろん、鼻水の量も減るのかもしれません。

2017年8月25日 鼻茸による好酸球と副鼻腔炎の関係とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A