鼻茸の予防方法は?

鼻茸を予防方法は実はまだ正確に解明されておりません。

というのも、鼻茸ができる原因が分かっていないからです。

鼻茸を切除手術をした人にはわかるのかと思いますが、
処方薬はたいていフィキソフェナジン(抗アレルギー薬)、ジェニナック(抗菌薬)、
ナゾネック(ステロイド点鼻薬)、ロキソニン(痛み止め)になりますね。

これらは、なるべく鼻水を出さないようにするための薬なんです。

なんで鼻水を出さないようにするのかというと、
鼻茸は鼻の粘膜が腫れ上がって元に戻らなくなったもので、
鼻水を放出する粘膜が腫れてしまったら再発してしまうからなんです。

粘膜を使わないようにすることで、鼻の粘膜を自然治癒させる。

これが現代の西洋医学の考え方なんですね。

でもこれも対処療法薬なので根本的に鼻茸を治すものではありません。

つまり薬を飲んでいても、

とてつもなくアレルギーを感じやすい人だった場合は再発する

ということなんです。

そもそも鼻の粘膜とは何か?

鼻の粘膜は先ほども書いた通り鼻水を出す場所です。

鼻水は鼻の保温、保湿、外部から侵入してきた雑菌類やゴミをからめ侵入を防ぐ役割があります。

とくに風邪やインフルエンザになると非常事態となるため、
大量の鼻水を放出し、雑菌やウィルスを外に出そうと働きます。

ところが鼻水を大量に出すということは、
鼻の粘膜を使いすぎるということなんですね。

使いすぎれば当然腫れ上がるため、
粘膜が膨張して空気の通り道を塞ぎ鼻づまりを起こしたり、
鼻自体が赤くなるというわけなんです。

基本的に鼻で起きた異変はすべて鼻水で解決しようとするため、
異変が解決できなければ鼻水が止まらなくなるし、
鼻づまりや鼻茸もできるんですね。

アレルギー鼻炎の人は鼻茸になりやすい?

最初にも書いた通り、鼻茸の原因はよくわかっていません。

細菌か?アレルギーか?どちらかが原因なのでは?と言われていますが、
薬をしっかり飲んでいても再発することはあるんですね。

ところが細菌に関しては抗菌薬でなんとかなるにしても、
アレルギー体質は治らないということがあります。

アレルギーを治す特効薬は未だ存在しないため、
如何にしてアレルギーを避けて生活するのかがQOLの向上につながると言われています。

鼻茸の予防に空気清浄機が効果的

鼻茸を作らないために、細菌はともかくアレルギーはどうにもなりません。

そこで空気清浄機を設置されてみてはいかがでしょうか?

僕はダイキンのクリアフォースZを寝室に置いていますが、
他社メーカーでもそれなりに空気清浄はできるかと思いますので、
気に入った商品を選ばれるといいでしょう。

お酒を毎日飲んでしまったために医者からストップされる人がいるように、
四六時中アレルギーが充満したところにいれば当然鼻茸も再発します。

とにかく鼻の粘膜を休ませる時間を作ってやることが大切なのです。

2017年8月31日 鼻茸の予防方法は? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A