鼻茸とは鼻の中の膨らみのこと?

鼻の中で粘膜が膨らんで、鼻づまりを起こすことは、
花粉症や風邪、蓄膿症などなど、どの場合でも当てはまります。

鼻づまりを起こすと簡単には戻らないため、
息苦しい状態が長く続き、ストレスを抱えることになります。

特に寝ている時に口呼吸を繰り返していて、無意識的に鼻呼吸をした結果、
鼻づまりで鼻呼吸ができず目がさめてしまったという経験もあるのではないのでしょうか?

鼻づまりとはいえ、つまる原因すべてが鼻茸とは限りませんし、
ステロイド点鼻薬を定期的に噴射していれば改善することもあります。

まずは薬を使ってみて改善するが1番で、それでも無理であれば、
鼻茸の可能性が高くなるので、医師に相談してみるのがいいでしょう。

鼻茸は薬では治らないことが多い!

残念なことに、一度膨れ上がってしまった鼻の粘膜は元に戻らないケースが大半です。

鼻づまりを起こしたり、痛みを発生させないかぎりは放置してもかまいませんが、
どうしても取り除きたい場合は、切除手術になってしまいます。

薬物治療も当然あるのですが、使われる薬は鼻茸を小さくするという薬ではなく、
抗菌薬(クラリス、ジェニナックなど)、抗アレルギー薬(フェキソフェナジンなど)、
痰、鼻水排出系の薬(カルボシステインなど)が主に処方されるだけであり、
これに痛みが止まらないようであれば、ロキソニンなどが処方されます。

これらの薬は対処療法薬であり、
鼻の病気ではもっともオーソドックスに処方される薬なんですね。

また鼻茸そのものがなんで発生するのかが明確な答えがなく、

「おそらくはアレルギーが関連しているのか、細菌が悪さしているのか、そのどちらかだとは思うけどよくわからない。」

とされています。

鼻茸が発生する方がいるにも関わらず、まだよくわからないことがあるんですね。

それで、結局薬物治療がうまくいかず、最終的には切除手術をやることになるのかと思いますが、
再発率もわりと高いのも鼻茸になります。

鼻茸は再発しやすい!

これまた残念なんですが、鼻茸は再発しやすいという特徴があります。

そのほとんどは生活環境に依存していることが多く、

「とりあえず薬を飲んで、点鼻薬を使えばなんとかなるだろう。」

と思っている方が多いということもあります。

とくに鼻茸のほとんどは汚い空気を吸い込んでいるから鼻茸になるよりも、
アレルギー鼻炎が長引いてなることが多いですね。

そのためご自身がどんなアレルギー物質に反応するのかという検査を受けるのが1番でしょう。

これをやるのか、やらないのかによって、対策もたてやすくなるので、
まずはアレルギー検査を受けてみるのが大切なのです。

アレルギー検査は血液を採取して行われるige検査というものがもっとも正確に調べることができ、
花粉以外にもダニ、カビなどあらゆるものを約30項目以上を検査できます。

お値段も3000円(医療保険三割負担適用)ほどでわかるので、
是非お近くの耳鼻咽喉科で受けてみてくださいね。

あとは空気清浄機の設置がおすすめです。。

空気清浄機も設置してみてはじめて分かるかと思いますが、
咳や鼻水、鼻づまりなどが減るので、寝室に置いておくだけで、
睡眠の質が上がり、鼻茸の予防につながります。

薬よりも生活環境の向上こそが鼻茸の予防につながります。

もし鼻茸ではなく、ただの鼻づまりであったとしても、必ず役にたちます。

2017年10月9日 鼻茸とは鼻の中の膨らみのこと? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A