腸内環境改善とアセロラは関係ありますか?

腸内環境とアセロラの関係は、
レモンの10倍以上のビタミンCにあります。

またポリフェノールも豊富に含まれており、
活性化酸素を抑え、老化予防にも効果があります。

ビタミンCは普段生活していても不足することはありませんが、
コラーゲンの生成、メラニン色素の生成を抑えたりする美肌効果はもちろん、
免疫力の強化や抗ガン作用にも期待ができます。

またビタミンCは運動、喫煙、飲酒など、
体に負荷がかかる生活習慣つづけていると急激に減少します。

ビタミンCが減少すると体が疲れやすくなり、
腸内環境にも負担がかかりやすくなります。

そういう意味ではやはりビタミンCも軽視できません。

原産地は熱帯アメリカで古くから疲労回復の王様として親しまれていました。

日本に入ってきたのは1960年ごろと比較的新しく、
主に沖縄で栽培されています。

この果実には酸味種と甘味種の2種類があり、
酸味種はとにかくすっぱく、そのままでは食べれませんが、
ビタミンCが大量に含まれています。

一方甘味種はその名の通り果実が甘く
生で食べてもおいしく食べられます。

旬は5~10月ごろ。

長期間収穫できる果実ですが、
冷蔵庫で3~4日程度しかもたないので、
手に入れたら早めに食べることをお勧めします。