腸内環境改善とアボカドは関係ありますか?

腸内環境とアボカドの関係は、
血液サラサラにする不飽和脂肪酸が多いため、
腸内環境を適正に保つ力があります。

またビタミンB1、B2、Eなどが豊富に含まれており、
高血圧、脳梗塞、ガンの予防にも効果的です。

カロリーがきわめて高いですが、
コレステロールを減らす力もあるので、
脂肪肝を増やしてしまった場合には力になる食材です。

揚げ物や炭水化物を食べるよりも、
ダイエットにも効果的なので上手く利用しましょう。

アボカドはフルーツに分類されますが、
そのまま食べても味のない油の塊を食べているようで
美味しいものではありません。

しかしオカズの1つとして、
塩をかけてパンにはさんだり、
ワサビ醤油でごはんの友にしたりと
野菜感覚で食べると本当においしい食材です。

アボカドの見分け方は
熟すると緑から黒になっていきますので黒い方がおいしいですが、
冷蔵庫でせいぜい2~3日程度しかもちません。

質が悪くなると果肉が黒ずむようになり、
皮も浮いたような感じになります。

こうなってしまうと活性化酸素が増えて、
本来ある抗ガン、老化防止の力も逆に働いてしまい、
腸内環境

買いだめするよりも
当日使うことを前提で買われることをおすすめします。