腸内環境改善と刺身は関係ありますか?

腸内環境と刺身の関係は、
コエンザイムQ10にあります。

今日まで生の魚を食べることができたのも、
この日本という国ならではなのかもしれません。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
外国にいくと、まず「生のまま食べられる」という魚介類は、
非常に少ないのです。

このこともあってなのか、日本人は長寿だとか、
若く見られるのは全てコエンザイムQ10の力だと思っていいのかもしれません。

コエンザイムQ10は若返りのサプリとして、
国外とわず多く流通していますが、
さすがに老人が若者に変身するということはありえません。

コエンザイムQ10の効果として、

「老化を遅らせる効果がある。」

という言葉が勝手に飛躍してしまったのだと思います。

さて、このコエンザイムQ10についてもう少し深く調べますと、
細胞を活性させて腸管を正常な状態にしてくれることが分かります。

これが腸内細菌を活性化させて腸内環境改善に効果がある理由なんですね。

そのため刺身を食べる場合は善玉菌を活性させるさせる食べ物を一緒に食べると効果的でしょう。

善玉菌はオリゴ糖が大好きです。

オリゴ糖が豊富に含まれている食べ物は、
タマネギが代表的ですね。

カツオのたたきに生たまねぎを添えてあるのは、
理にかなった調理方法だと言えるでしょう。