腸内環境改善と枝豆は関係ありますか?

腸内環境と枝豆の関係は、
良質なたんぱく質が摂取できるところにあります。

枝豆は大豆と同じような栄養素があり、
特に注目するべき点はメチオンという
アルコールを分解を促進する成分にあります。

この成分がうまく働くことにより、
腸内環境が強化され酔いにくくなるということです。

居酒屋にいくと必ず、

「とりあえず生と、枝豆!」

と言う人がいるように、この行動は間違いでは無かったのですね。

さてこの枝豆ですが、
「葉酸」という成分が豊富に含まれているところもあります。

「葉酸」というとあまり聞きなれない言葉ですが、
腸内環境の再生効果があり、レバーにたくさん含まれている栄養素です。

古来中国では

「体の悪い箇所あれば、動物と同じ個所を食べれば健康になる。」

という言葉があります。

それぐらい葉酸は腸内環境には欠かせない栄養素なんですね。

また葉酸には貧血予防効果、体の発育増強、子宮頸ガンの予防効果があり、
腸内環境だけではなく生きていくには必要な栄養素であることが分かります。

枝豆が美味しい時期は7~9月の暑い時期、
主に新潟や山形などで栽培されています。

中でも10月ごろ収穫できる兵庫県の「丹波黒大豆」は
枝豆の中でも高級食材とされており、
色が少し黒く大粒で甘味があり非常に人気が高いです。