腸内環境改善と食用たんぽぽは関係ありますか?

腸内環境と食用たんぽぽの関係は、
利尿作用や抗菌作用などの薬効成分が高いところにあります。

別名「ダンデリオン」とも言われ、
ハーブの一種としても愛されています。

食用たんぽぽにはカリウムが豊富に含まれており、
苦みの成分は腸内環境の改善、抗菌作用、整腸作用、
貧血の改善などに効果あります。

時期は3~4月のやはり春先で、
日本とヨーロッパで栽培されています。

保存方法は湿らせたクッキングペーパーに包み1~2日程度。

味はほのかな苦みが特徴ですが、
食用に栽培された食用たんぽぽは、
アクや苦みが少なく、生のままでも食べられます。

そのためサラダにして食べる方法が一般的ですが、
天ぷらにしても美味しく食べることが出来ます。

また春菊と同様、すき焼きやなべ物にしても美味しく食べられます。

熱を通すとビタミンや酵素などの一部の栄養素が壊れてしまいますが、
カリウムや鉄分などのミネラルはそのまま残りますので、
全く体に効果ないというわけではありません。

また、根を刻んだものを焙煎して、
「たんぽぽコーヒー」を作ることも出来ます。

たんぽぽコーヒーはヨーロッパでは古くから愛されている健康飲料で、
ノンカフェインであるため、妊娠中や授乳中、自然派志向の方に愛されています。


2016年2月13日 腸内環境改善と食用たんぽぽは関係ありますか? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A