腸内環境改善と緑茶は関係ありますか?

腸内環境と緑茶の関係はカテキンです。

肝臓には大量のミトコンドリアがいて、
これが効率よく働くことにより脂肪が燃焼して、
脂肪肝に効果があると言われています。

カテキンはミトコンドリアを活性させる力があり、
その力は約2倍ほど。

お茶は健康に良さそうですが優れた効果があるんですね。

それにしてもミトコンドリアとは何でしょうか?

ミトコンドリアとは酸素を必要として生きる細胞です。

元々酸素は有害だったのですが、
大昔に進化の過程で生物がミトコンドリアを取り入れて無害にしたことにより、
複雑で高等な生物になったそうです。

それと同時に有害な酸素で劣化してしまう体になってしまったと言われています。

ミトコンドリアを活性させることにより、
酸素をエネルギーにかえて酸素を必要とする細胞を活性させることができますが、
むしろミトコンドリア無しでは生きていけないのですね。

緑茶の時期は5月ごろ。

このころに摘まれるお茶は新茶と呼ばれ、
とくに香りや甘味がつよく好まれると言われています。

日本全国お茶の産地は多いですが、
やはり静岡産のお茶が美味しいと言われています。

腸内環境の処理能力を高めるためには、
ミトコンドリアが正常に働いてくれることも重要です。

緑茶を毎日飲む習慣を取り入れてみましょう。