腸内環境改善と馬肉は関係ありますか?

腸内環境と馬肉の関係は
豊富なアミノ酸と低脂肪、高タンパク質にあります。

馬肉は牛や豚とは違い、
脂肪分が少なく肝臓に負担がかかりにくい食材です。

それでも肉という種類のためか、
魚介類に比べると肝臓に負担をかける食材になりますが、
それでも肉を食べるならば馬肉の方がいいのかもしれません。

また馬肉には豊富なアミノ酸が大量に含まれており、
これらが腸内環境を高めるためには必要不可欠となります。

アミノ酸の中には必須アミノ酸という成分がいくつかあり、
これらが欠乏すると疲れやすくなったり、めまい、息切れなどを引き起こし、
血中のコレステロールを増加させてしまため、
脂肪肝、肝硬変になるリスクが大きくなります。

逆に適度に摂取していると血中のコレステロールを低下させて、
腸内環境を高めることができます。

しかし、必須アミノ酸の過剰摂取は嘔吐、下痢などを引き起こすため、
サプリメントで摂取する場合は注意が必要です。

必須アミノ酸の中には野菜では摂取できない要素がたくさんありますので、

「肉だから食べない方がいい。」

という考え方は当てはまりません。

腸内環境の数値を改善するためには、
あらゆる食材をバランスよく摂取することで成り立ちます。