腸内環境改善とハモは関係ありますか?

腸内環境とハモの関係はリジンとメチオニンにあります。

リジンとは必須アミノ酸のひとつで、
年齢を重ねるとともに不足しがちになるため摂取する必要があります。

不足するとめまい息切れ、腸内環境の低下を引き起こし、
血中のコレステロール値を増加させます。

逆に適切な摂取をこころがけると、
腸内環境の活性化させコレステロール値の低下、
消化酵素を活性化させて脂肪酸が適切に利用させるようになります。

つまり脂肪肝に効果的だということなんですね。

過剰な摂取は腎機能障害を引き起こす恐れがあるので注意が必要ですが、
サプリメントのような濃厚なリジンを体に入れずに、
食べ物で補っていけば問題ありません。

メチオニンも必須アミノ酸の1つで、
腸内環境を高める効果があります。

メチオニンには肝臓に溜まった老廃物や毒素を外へ排出して、
血中のコレステロール値を低下させ脂肪がたまらないように保護してくれます。

こちらもサプリメントによる過剰摂取は、
めまい、嘔吐などを引き起こすため大変危険です。

どちらも過剰摂取は危険ですが、
とくに腸内環境障害を起こしてしているときに摂取すると、
逆に症状を悪化させる恐れがあるため、
健康なときに食べたほうがいい食べ物だということになります。

ハモの時期は夏です。