腸内環境改善の善玉菌が多すぎるとどうなる?

腸内環境の善玉菌が多すぎて困ることはありませんが、
善玉菌を増やすサプリや薬などを過剰に摂取したために、
逆に悪玉菌をふやしてしまったという事例があります。

腸内環境を改善するために「オリゴ糖」という成分があります。

オリゴ糖は糖分の1つで、
体内で分解されず排出されてしまう成分なので、
「太らない糖分」としても有名ですね。

このオリゴ糖が細菌のエサになるために、
利用されている方も多いのですが、
体内に入ったオリゴ糖すべてが善玉菌のエサになるかというと、
決してそうではありません。

じつはオリゴ糖の量があまりにも多すぎると体内に残留してしまうことがあるのです。

残留したオリゴ糖は悪玉菌が食べてしまい、結果として悪玉菌を増やしてしまうのです。

じゃあどうすればいいのか?

効率よく善玉菌を増やすためには過剰なオリゴ糖摂取を避けること、
乳酸菌サプリを摂取することです。

乳酸菌サプリを摂取すると余分なオリゴ糖を食べてくれるため、
悪玉菌に食べられる心配がありません。

またサプリを過剰に摂取してもエサにしているオリゴ糖が無くなれば、
その分だけ乳酸菌を減らすので結果として善玉菌が適正値なるというわけです。

オリゴ糖を摂取したら乳酸菌サプリも摂取する。

これが悪玉菌増やさない方法なのでしょう。

腸内環境改善による腸内細菌そうの善玉菌の増えすぎもダメ?

腸内環境改善による腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは、
腸に生息する細菌の集合体のことで、見た目が花畑にも似ていることから、
腸内フローラとも呼ばれています。

この腸内細菌叢は人によりそれぞれ微妙に違っており、
食べるものや生活習慣により変化していきます。

病気になりがちだったり下痢や便秘がひどい場合は、
劣悪な腸内細菌叢だということなのですが、悪玉菌が多いのか?と思い、
オリゴ糖やヨーグルトを摂取すると、返って悪化することもあります。

その場合は、善玉菌が増えすぎているということもあるんですね。

たとえば、目の前にジェンガという積み木のおもちゃがあるとします。

腸内細菌叢を形成するために、上へ上へと大きくしていくのですが、
積み木を片方の角ばかりに積み上げていくとバランスを崩して全て崩れてしまいます。

ジェンガはただのおもちゃですが、バランスが重要なのは体も同じことなのです。

では、バランスをとるためにどうしたらよいのか?というと、
そういう場合は何もせずに体に悪そうな食事を避けるようにしていけば、
自然と改善していきます。

特にフルーツや海藻類、それからムチンを含んだ野菜やキノコ類は、
排泄物をスムーズに排泄させることができるので、
溜めすぎた悪玉菌や善玉菌を減らしていきバランスを整えてくれます。

腸内環境改善による腸内細菌そうの善玉菌の増えすぎもダメ?

腸内環境改善による腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは、
腸に生息する細菌の集合体のことで、見た目が花畑にも似ていることから、
腸内フローラとも呼ばれています。

この腸内細菌叢は人によりそれぞれ微妙に違っており、
食べるものや生活習慣により変化していきます。

病気になりがちだったり下痢や便秘がひどい場合は、
劣悪な腸内細菌叢だということなのですが、悪玉菌が多いのか?と思い、
オリゴ糖やヨーグルトを摂取すると、返って悪化することもあります。

その場合は、善玉菌が増えすぎているということもあるんですね。

たとえば、目の前にジェンガという積み木のおもちゃがあるとします。

腸内細菌叢を形成するために、上へ上へと大きくしていくのですが、
積み木を片方の角ばかりに積み上げていくとバランスを崩して全て崩れてしまいます。

ジェンガはただのおもちゃですが、バランスが重要なのは体も同じことなのです。

では、バランスをとるためにどうしたらよいのか?というと、
そういう場合は何もせずに体に悪そうな食事を避けるようにしていけば、
自然と改善していきます。

特にフルーツや海藻類、それからムチンを含んだ野菜やキノコ類は、
排泄物をスムーズに排泄させることができるので、
溜めすぎた悪玉菌や善玉菌を減らしていきバランスを整えてくれます。

それにしても、なんで善玉菌と悪玉菌という名称に別れているのでしょうか?

善玉菌と悪玉菌という名称は100年ほど前に、
病原菌説を提唱したコッホという学者から生まれたのですが、
悪玉菌を退治する抗生物質を投与すると体内にいる悪玉菌が生き残りたいという本能から、
より強く、たちの悪い細菌へと生まれ変わってしまいます。

「耐性菌」ですね。

また、一般的に悪玉菌と言われている細菌もヒトの体に重要な役割をする細菌もいます。

たとえばピロリ菌というと、胃に住む悪玉菌のことですが、
この細菌がアルカリ性の分泌物を出すため、他の細菌たちが胃に入ってきても、
全てが胃酸にやられることなく一部だけでも腸にたどりつくことができます。

ウェルシュ菌のような悪玉菌も同じことで、たしかにガンを発生させる可能性が高い細菌なのですが、
この細菌が属するクロストリジウム属の中にはヘルパーT2細胞を抑制して、
アレルギー体質を改善させる効果がある細菌もいます。

つまり悪玉菌を死滅させるために洗剤や抗生物質が多すぎるために、
アレルギー体質の人が増えたということも一理あります。

腸内細菌叢とは、ただ善玉菌だけを増やせばいいということではなく、
善玉菌と悪玉菌のバランスが適切に保たれたことを言うんですね。

腸内環境改善につながる微生物の種類とは?

腸内環境に住む微生物は大きく分けて植物性と動物性の2つあります。

植物性は漬物などの発酵食品を住処にしており、
塩や酸素にさらされても生きていける微生物が多く、
胃酸にやられることなく腸までしっかり届きます。

主な役割は腸内環境改善して便秘に効果があるもの、
アレルギー抑制効果があるもの、悪玉菌と戦うものなど、
その種類は豊富にありそれぞれ違う役割をもって行動しています。

代表的な細菌はラブレ菌、プランタラム菌など。

なお、役割は植物性と同じですが納豆菌は「枯草菌」と呼ばれ、
植物性乳酸菌とは違う種類になります。

次に動物性です。

動物性はその名の通り動物の肉や脂質に付着して発酵、腐敗させる細菌です。

代表的な細菌はアシドフィルス菌やフェカリス菌など。

腸内環境改善のためにヨーグルトなどで見かけることがあるかと思いますが、
いかがでしょうか?

また乳酸菌とは別に一般的に馴染みのあるビフィズス菌は
乳酸菌とは別の種類の細菌になります。

ビフィズス菌は生命力が弱く、悪玉菌などにすぐにやられてしまいます。

そのため人によりあまり重要視されていませんが、
60歳以上になると急激にビフィズス菌が減少して発がんリスクが高まるのも事実のため、
やはりビフィズス菌も増やすた方がいいという意見が有力です。

腸内環境改善による善玉菌と悪玉菌のバランスとは?

腸内環境による善玉菌と悪玉菌のバランスは、
善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%と言われています。

なぜこのような数字なのかというと、
人間の体内に常在する細菌のほとんどは日和見菌で構成されており、
かれらが急に悪さをしはじめることで下痢、便秘、腹痛を引き起こしてしまうからです。

ご存じのように悪玉菌と善玉菌はそれぞれPH値が違う環境を好む性質がありますが、
日和見菌はそのような変化する環境に順応できるようになっているため、
時には善玉菌、時には悪玉菌のような行動を起こします。

また健康な人の体にも悪玉菌が常在しているのも、
外からくる外来菌を体内に入れないように門番のような役割をしたり、
増えすぎた免疫細胞をアポトーシス(細胞を自然死させて過剰に反応しにくくする。)させる力があることも、
最近の研究で明らかになっています。

そこで私たちがやることは何なのか?

これはひたすら善玉菌を増やしたりすることを考えていけば問題ありません。

「増やしたりすることを」というあいまいな表現をしているのは、
あまりにも過剰に善玉菌の食べ物だけ食べているのも病気になってしまうからです。

例えば日本ではあまりなじみが薄い病気なのですが、
SIBO(シーボ、サイボともいう。)小腸内細菌過剰繁殖という病気があります。

この病気は悪玉菌や善玉菌に関係なく細菌が小腸で異常繁殖して、
体内ガスを発生させてお腹が張ったり腹痛を引き起こしたりします。

以前芸能人の方でも、昔貧困だけど健康に良いからという理由で、
納豆だけをひたすらたくさん食べ過ぎた結果このような病気になったそうです。
(実際にはSIBOとは言っていませんが、納豆菌は酸素の有無に関係なく生きていけます。)

この時に医師から「お米を食べなさい!」と言われ、
米を食べたら正常に戻ったのだそうです。

ネットや書籍では善玉菌を増やすことだけしていれば体は問題ないという考え方が定着していますが、
実は善玉菌も増えすぎると問題になるのです。

自然界にいる動物が乳酸菌や善玉菌を気にしてヨーグルトを食べたり、
サプリを飲むなんてことはありません。

私たち人間の行動が少し特殊なので
やりすぎれば色々と変な現代病をかかえてしまうのです。

体が健康ならばしばらく善玉菌を増やす食べ物を休憩することも、
体にとっては良いことだということです。

またこれはSIBOに効果があるかどうか分かりませんが、
以前お腹が張って苦しかった時に、

「朝はフルーツと水だけにしてみたら?」

と医師に勧められたことがありました。

フルーツは肉や野菜と比べて消化のスピードがとても速く、
腐敗することなく胃腸をすり抜けることができるからです。

腸をフルーツで洗い流すという感覚なのでしょうか?

あまりにも酷い場合は抗菌薬でリセットしてもいいかもしれません。

腸内環境改善で善玉菌の働きとは?

腸内環境にいる善玉菌の働きとは、
腸内環境を改善して便秘、下痢を治すという考えが一般的ですが、
悪玉菌や日和見菌が悪いことをしないように見張るという役割もあります。

悪玉菌が増えると大腸を腐敗させて色んな病気を引き起こしてしまい、
さらに日和見菌が悪さを始めれば、それは無法地帯になっているようなもの。

このような細菌たちを捕らえて外に出したり正しい行いをさせるために善玉菌は存在します。

というのも、悪玉菌も日和見菌も人の体には必要な菌であり、
決して不要な菌ではないからです。

100年ほど前にパスツールやコッホの細菌学者らが、

「体に悪影響を作るのは悪玉菌のような病原菌のせいだ!」

と唱えてから色んな抗菌薬が登場しましたが、
菌を殺そうとすればさらに強い菌が増殖をはじめたり、
さらに悪い病気を引き起こしたり、それを治すために強い薬を作ったりと、
いたちごっこのような悪循環を繰り返しています。

特に色んな薬を服用しなければいけない体が弱い方や高齢者の場合は、
薬の副作用によって治りにくい慢性病を引き起こしていると言われています。

人の体には約300種類の細菌が生活しており、
それぞれ違った役割をもっています。

全てが善であり、ありがたいものなのです。

善玉菌とは、他の細菌たちが正しい腸内環境を改善するための監視役でもあるのです。

腸内環境改善するビフィズス菌の種類とは?

腸内環境改善する細菌の代表格として、
日本では昔からビフィズス菌がもっとも知名度が高いですが、
実は非常に弱い細菌でもあります。

独特なY字型の形状をしたこの細菌は現在30種類以上確認できており、
その中でもヒトの体に常在するビフィズス菌は10種類程度と言われています。

さらにその中でも最も有益で代表的なビフィズス菌は、
ブレーベ、ロンガム、ビフィダム、アドレセンティス、インファンティスの5種類になります。

まず生まれたばかりのヒトの赤ちゃんは
ブレーベ菌を体内細菌の90%ぐらい保有しており、
成長の過程で徐々に減っていきます。

代わりに成人になるとアドレセンティス菌が常在するようになります。

ヒトは母乳をやめると母乳に含まれているビフィズス菌因子が減るので、
他の乳酸菌や善玉菌が増えていき、60歳以上をピークに一気に悪玉菌が加速して、
最終的には「0」になってしまいます。

こうなってしまうと悪玉菌が増えてしまい様々な慢性病やガンを引き起こし、
症状の良し悪しによりヒトの寿命が決まるとも言われています。

もちろん、これだけでは寿命が決まるわけではありませんが、
ブレーベ菌の一種と言われているヤクルト菌はヒトの病気を抑制させる効果があり、
ある老人ホームからの報告によりますと、利用者様がヤクルトを飲むか飲まないかにより、
風邪やインフルエンザになりやすいかの差が明らかにあると言われています。


2016年8月18日 腸内環境改善の善玉菌が多すぎるとどうなる? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A