腸内環境改善と肌(アトピー)の関係とは?

腸内環境が良くなると、
アトピーが治ることがあります。

「アトピーの人が便秘だということ?」

そうではありません。

これにはしっかりとした理由があるのです。

アトピーはアレルギー反応を起こした時に発症する皮膚の病気です。

アレルギーとは免疫機能が過剰に働き、
炎症を起こしたりすることで発症する病気で、
一度アレルギーになってしまうとアレルゲン(アレルギーに反応する異物)を
取り除かない限り永遠に発症し続ける病気です。

しかし治す方法がもう1つあります。

過剰に反応する免疫細胞の数を減らしてしまえば、
症状が緩和することがあります。

アレルギーについて色んな書籍やサイトをご覧になられた方ならご存じかと思いますが、
体内にはヘルパーT1細胞とヘルパーT2細胞の2種類の免疫細胞がバランスをとっています。

このバランスがある時T2が増えて、T1が減るときがあります。

これがアトピーの原因になるんですね。

それでここからが本題なのですが、
体内にアシドフィルス菌という細菌が体内にたくさん住んでおり、
実はこの細菌がT2細胞の暴走を抑える力があるのです。

昔からアメリカでは皮膚炎を治すために
アシドフィルス菌のサプリを飲むという習慣があるようで、
最近は日本でもご存じの方もいらっしゃるのではないのでしょうか?