腸内環境改善による肌の関係とは?

腸内環境が改善すると肌がきれいになると言われていますが、
どうしてきれいになるのでしょうか?

アトピーのような敏感肌の方は、
リンパ球が極端に多いと言われています。

リンパ球は体内に侵入してきた異物の弱点を調べ上げ、
その弱点に合う抗体という武器を作り出し、
外に追い出したり、やっつけたりします。

このようなリンパ球のことをヘルパーT細胞と呼ばれています。

ヘルパーT細胞はアレルギーをやっつけようとするT2細胞と、
ウィルスなどをやっつけようとするT1細胞の2種類に分かれています。

とくにアトピーの方は、このT2細胞が過剰に増えすぎたために、
肌荒れなどを起こすと言われています。

もしあなたがそうなら、
実際にステロイド薬などを使って治療をしても元にもどってしまい、
苦しい経験をされたから腸内環境を見直そうと思われて、
今この文章を読まれているのかと思いますがいかがでしょうか?

話をもどしますが、T2細胞はアレルゲンの種類や体調により、
いろんな症状を引き起こします。

あなたは皮膚炎ですが、人により鼻炎だったり、
肺炎だったり、頭痛など、それは様々です。

体内に入ったアレルゲンさえ取り除けば症状が治まりますが、
もう1つの症状を緩和する方法はT2細胞を抑制する乳酸菌を体内に入れることなのです。