腸内環境改善ができずに長期的に不調の場合は?

腸内環境が長期的に不調の場合は、
ライフスタイルに問題があることがあります。

例えば病院に行くと当然のように薬をもらいます。

その薬は一時的に腹痛を緩和するものの、
効果切れれば再発して、より酷い腹痛を引き起こすことがあります。

病院に行くという選択は
診察をしてくれるので間違いではありませんが、
処方される薬を飲みつづればいずれ治ることは絶対ではありません。

まずは病院の診察は必要としても、
処方薬は必要なのかどうなのか慎重に考えてみてはいかがでしょうか?

「病院はわかったけど、どうしたら腸内環境の不調が治るのか?」

病院で診断されて薬に関しては飲むか飲まないか考えることとして、

「特に異常ないですね。少し整腸剤を出しますから飲んで様子をみますか?」

という場合は、ストレスなのか、睡眠不足なのか、
腸内環境に悪い食べ物を食べているのか、色々考えが浮かびますので、
1個ずつ原因をつぶしていきましょう。

ここでH2ブロッカーのような薬を処方されない場合は、
ストレスは関係ないと思っていいでしょう。

H2ブロッカーは胃酸を抑える薬なので、
飲み続ければ消化不良を起こして腹痛になることもあります。

他にもブスコパンやロキソニンなどがありますが、
一時的に症状を抑える対処療法薬でしかありません。

これらが処方された場合もストレスや睡眠不足は考えなくもいいと思います。

例外として「整腸剤」の場合は、
腸内細菌を活性化させるサプリメントのようなものなので、
副作用が少なく簡単に処方されることがあります。

副作用が少ないというのは、
体に細菌が合わないという場合があるということです。

このケースで腹痛になるのケースは非常にまれなのですが、

「整腸剤だから飲み続けても大丈夫かな?」

とは思わない方がいいでしょう。

どうしても長く続く場合は、
病院などで検便検査をして生菌の状態をチェックしておいた方が良いかもしれませんね。


2016年3月21日 腸内環境改善ができずに長期的に不調の場合は? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A