腸内環境改善のための胃腸を整える食べ物とは?

腸内環境改善のために色んな食材を紹介します。

まず善玉菌活性化のために、
りんご、バナナ、ニンジンがあります。

これはABC療法と言われ、
りんご(apple)バナナ(banana)ニンジン(carrot)と
それぞれの頭文字から名づけられました。

これらの食材は「ビフィズス因子」と呼ばれており、
毎日定期的に摂取することで体内のビフィズス菌が増殖すると言われています。

「ビフィズス菌を増やして本当に体がよくなるの?」

たしかにビフィズス菌みたいな弱い細菌を増やしても
腸内環境改善に効果がないのでは?という声もあります。

ビフィズス菌は赤ちゃんに大量に常在する細菌ですが、
年齢とともに数を減らしていき65歳前後になると一気に加速して
「0」に近い状態になってしまいます。

代わりにウェルシュ菌のような悪玉菌が増殖して、
腸内環境の悪化やガン細胞の増殖などを引き起こすため、
やはり腸内環境改善のためにはビフィズス菌は外せないでしょう。

とはいえ、いくらビフィズス菌が腸内環境改善に有効だとしても、
ヨーグルトなどで改善しようとすると、
返って下痢や便秘を引き起こしてしまうケースもあります。

ヨーグルトで辛い経験をされた方は
一度ABC療法やられてみてはいかがでしょうか?


2016年3月21日 腸内環境改善のための胃腸を整える食べ物とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A