腸内環境改善のために腸を強くするには?

腸内環境を強くするためには、
食べ物以外にもいろんな要因が絡んでいます。

胃潰瘍、腸閉塞などの病気や、
アレルギー体質などは、激しい息切れや、心臓の鼓動などからつながるため、
特に怒りっぽい人や神経質な人に多い傾向があります。

「あいつが俺を怒らせるから胃潰瘍になった。」

という変な人もいますが、感情に左右されて病気になってしまうことは、
あながち嘘ではないということです。

「病は気から。」

というように、不安定な感情はあらゆる病気を引き起こします。

病気にならないためには、
心を落ちつかせて副交感神経を活性させることが大切です。

副交感神経とは、あまり耳にしないかと思いますが、
この神経が活性するかしないかで、
白血球の量が増えたり免疫力がアップします。

ではどうやって副交感神経を活性させるのか?

それには感情的にならずリラックスしたり、
楽しいことや笑うことで副交感神経を活性化させることができます。

昔、末期の大腸がんだったアメリカ人の男性が、
意地でもがんを治療しようとあらゆる方法を模索していました。

ある時、男性はお笑い系のビデオをたくさん持ってきてほしいと言ったので、
妻は言われるがままビデオを用意しました。

男性はビデオを見てとにかく笑う。たくさん笑う。
これだけを実践していました。

すると歩けなかった男性は、トイレに行けるぐらいに回復して、
最終的には正常に歩行ができるようになり退院してしまいました。

このようなことから腸を強くするためには、
副交感神経を活性させることが大切だということがわかりますね。