腸内環境改善と水分の関係は?

腸内環境を改善するために水分を摂取ことは重要ですね。

腸内環境改善のために朝ペットボトル500mlの水を飲んだり、
1日1.5~2Lの水を飲む必要があるとかいろんな言われ方がありますが、
残念ながら医学的な根拠はありません。

しかし、医学的な根拠がなくても効果があるかどうかは別問題です。

というのは医学の常識は長い歴史を経て非常識になったり、
逆に非常識から常識になったりすることは日常茶飯事だからです。

事実、昨今の高度な現代医学も
人間の体内を余すことなく解明できているのかというと、
それは「NO」だと思います。

そういう意味では朝一の水や1.5L以上の水は効果があるのかもしれません。

水の量も重要ですが水の質にこだわることも大切です。

日本は世界的に見ても長寿大国ですが、
その中でも最も長寿な県がどこかご存じでしょうか?

これは山梨県です。

山梨県の平均寿命が長いことは色んな言われがあるのですが、
これは生活用水に影響しているのかと思います。

この県で産出される水、そう「富士山のバナジウム天然水」、
これこそが長寿の秘訣なのではないのでしょうか?

ご存じのようにバナジウムは必須ミネラルではありませんし、
バナジウムを取りすぎると血液がサラサラになりすぎて病気になるとも言われていますが、
バナジウムだけではなく各種ミネラルやビタミンの取りすぎは色んな病気を引き起こします。

ようは偏った栄養の取りすぎはよくないという話にしておけばいいのに、
バナジウムが毒のような話になるから危険な飲み物だと錯覚してしまう。

つまり極度なバナジウムの量を含んだ水を飲むより、
山梨県民が飲み続ける水だけを飲みつづれば、
腸内環境改善および健康につながるというわけです。