腸内環境改善による胃腸を整える食事とは?

腸内環境改善のための食事というと、
食物繊維豊富な食べ物が浮かぶかと思いますが、

「野菜や米ばかり食べれば良いか?」

というとそうでもないようです。

例えば、白米やパンは空腹を満たしてくれる美味しい食材ですが、
このような炭水化物の取りすぎは長期的に見ると、
腸内環境を悪化させてしまうこともあります。

まず白米ですが、こちらは玄米にかえてみましょう。

白米は精米して美味しい部分だけ抽出した食べ物ですが、
実は外側に栄養分をたくさんもっています。

栄養が豊富な外側の殻を除去してしまうので、
「死の食べ物」と揶揄する人もいるようです。

玄米も様々あり、最近ではオオムギ、ハト麦、アマランサスなど、
国産の穀物も多く流通するようになったため、
栄養素や好みを考えてブレンドしていく方法が腸内環境改善の近道となります。

次にパンですが、美味しいパンを作るために麦が品種改良されています。

品種改良した麦はふんわりと甘味がある麦を作り出すことができる反面、
グルテンがうまく消化できずに腸内環境や脳にダメージを与えてしまうのだそうです。

テニスで有名なジョコビッチ選手が成績が伸びずに悩んだ時、
パンをやめてみたらどうか?ということになりました。

その後成績が伸びたのでパンが影響していたという結論に至ったようです。

品種改良された食材は穀物だけではありません。

腸内環境改善のために一度見直してみてはいかがでしょうか?