腸内環境改善のために胃腸を整える方法とは?

腸内環境改善のために胃腸を整えるには、
食べ物だけが影響しているわけではありません。

一番大切なのは副交感神経を活性化させることにつきます。

副交感神経というとあまり耳にしない言葉ですが、
この神経が働くか働かないかにより健康に左右されます。

例えば末期ガンの患者さんが
退院するまで回復したという事例を耳にされたことがあるかと思いますが、
患者さんがやったことはひたすらコメディを見て笑うことでした。

もちろん食事にも気を使っているかと思いますが、
末期のガンの患者さんがたくさん食べれるのかというと、
決してそうではありません。

だからひたすら笑う事こそが最大の治療方法だったのです。

医師が書いた食事療法について何冊か読むと、
どの医師も「無理をしないなこと」、「楽しむこと」、「常に美味しいと思って食べれば健康につながる」など、
「たまには健康に害があっても好きなものを食べた方が効果的」という医師もいます。

これは副交感神経を活性化させて健康になるという考えからきており、
食べ物以外にも副交感神経を活性化させる方法がどれくらい大事なのかを意味しています。

よく不安な感情が続いたり、怒ったりしていると、
胃潰瘍や腸閉塞、リーキーガット症候群になると言われるのも、
副交感神経が大きく関わっているのかもしれませんね。


2016年4月2日 腸内環境改善のために胃腸を整える方法とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A