腸内環境改善による乳酸菌が多い食べ物とは?

腸内環境を改善するためには発酵食品は欠かせません。

日本は湿度が高く細菌やカビが生えやすい環境のため、
古くから発酵食品とともに生きています。

また四季に恵まれており海外にあるような大きい作物は育たないものの、
いろんな食材が食べられるというメリットがあります。

そのおかげもあり100歳以上の人口が世界ランキングでも1位を維持しています。

この長寿の秘訣はいったい何なのか?

それはもっとも身近にある食品にありました。

それが、

みそ、納豆、ぬか漬けになります。

まず乳酸菌を多く含む食べ物はぬか漬けです。
乳酸菌は野菜に付着すると思われがちですが野菜には酸が付着するものの、
乳酸菌の住処にはなりません。

ぬか漬けを食べるときに洗い流してから食べる人がいますが、
洗わずに食べた方がいいでしょうね。

「ぬかって食べれれるの!?」

食べれます。

私もぬか漬けのぬかを食べています。

でもあまり美味しいものではありません。

もちろんぬか漬け以外にも乳酸菌がたくさんいるという、
すぐき漬け、千枚漬け、なら漬け、シバ漬けなどその数は豊富にあります。

このような漬物には「植物性ラクトバチルス属乳酸菌」という乳酸菌が含まれており、
日本の漬物をもとにあらゆるサプリメントやヨーグルトが作られました。

でも、ヨーグルトは下痢の原因になりますので注意してください。


2016年4月16日 腸内環境改善による乳酸菌が多い食べ物とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A