腸内環境がヨーグルトで悪化するのはなぜ?

腸内環境が悪くなる方の中でヨーグルトを食べている方もいらっしゃいますが、
なぜヨーグルトで腹痛、下痢、便秘になってしまうのでしょうか?

その原因は牛乳に問題があるようです。

牛乳は飛鳥時代のころから飲まれていたという歴史があるのですが、
当時1杯10万円(円換算)もするため、一部の上流階級、漢方薬の1つとして、
めったに口にするものではありませんでした。

戦国時代では、

「牛乳を飲むと牛になる!」

と噂されており、当時の若い織田信長は、

「ならば試しに飲んでみようではないか!」

と度胸試しで飲んだそうです。

江戸時代になると外国人がやってきて、

「牛乳が飲みたい!」

と言うので、周りの武士たちからは、

「かようなものを飲むからあのように獣ように毛深くなるのだ。」

と笑って話をしていたと言われています。

このことからも牛乳は日本人には馴染みがうすい飲み物だということがわかりますね。

その後、明治時代になって日本にやってきた外国人のために
牛乳が製造されるようになったのですが、やはり日本人には売れなかったそうです。

牛乳が本格的に飲まれるようになったのは、
戦後日本の給食が始まってからでした。(脱脂粉乳)

つまり、我々日本人は牛乳を飲みはじめて100年もたっていないのです。

このような牛乳に適応できていない体の状態で、
ヨーグルトを食べる方が無理があるのです。

どんなに体に良いヨーグルトを食べても、
日本人である以上、ヨーグルトで腸内環境改善は難しいのかもしれません。

私もヨーグルトを食べると下痢になってしまうので、
ぬか漬けを食べています。

ヨーグルトよりも体調がいいので、参考にしていただけたらと思います。