腸内環境改善による腸美人になるコツとは?

腸内環境改善は多くの現代人の悩みだと思いますが、
善玉菌を増やすためにオリゴ糖を飲んだりヨーグルトを食べるだけが腸内環境改善ではありません。

本当の腸内環境改善とは、

体に悪いものを一切食べないようにして、
本当に必要な栄養素を効率よく摂取すること。

になります。

これは多くの現代人が分かっているようで分かっていない方が多く、
大半の人は間違った健康法により体調を崩しては、
インターネットで調べてはまた同じことを繰り返してしまことにあります。

どうしてそういうことが言い切れのか?と言うと、
例えばスティック型の大豆や玄米を大量に含んだ健康食品があります。

これらのような製菓タイプの食品は一見すると健康そうに見えるのですが、
成分表を見てみると、「ショートニング」や「アミノ酸等」のような記述から考えると、
到底健康になれるとは思えないうえ、将来的にガンや慢性病を導くように思えてきます。

製薬会社や食品メーカーの目的は、
料理がめんどくさくて楽をしたい人間たちを病気にして、
病院に通わせることで医師や製薬会社が儲かる仕組みをつくることです。

多くの抗生物質が対処療法薬が多いのはそういう理由があるからなのです。

がしかし、未だに多くの日本人は簡単な食事に手を出して、
いつのまにか病気になってしまい、それが簡単な食事のせいだと思わず、
医師に病気を治すように希望をだす悪循環を続けています。

綺麗なハコに包まれた食品や弁当、お菓子、すぐに食べれれるものなど、
これらには即効性が少ない慢性病を引き起こす物や発ガン性物質が含まれています。

なぜ薬は石油でできていると言われているのか、
なぜ悪玉菌を死滅させることで健康を保てると言い切れるのか、
なぜ文部省が給食にわざわざ牛乳を付け加えてまで子供の健康維持させないといけないのか。

これら全て何かしら誰かが儲けるためのお金が絡んでいるからなのです。

腸美人になるためにはこのような体に悪い要素を一切排除したうえで、
本当に健康に良いものを体にいれることからはじまります。