腸内環境改善するとアレルギーが治る?

腸内環境改善するとアレルギーが治るという噂がありますが、
正確に言うと「アレルギー体質を治すのではなく、アレルゲンが体内に入っても反応しにくくなる」ということです。

「アレルギー体質が治らないことは知っているが、どうして反応しにくくなるのか?」

アレルゲンが体内に入ると白血球が増殖して色々やってくれるのですが、
除去できないことがあります。

除去できなくても白血球がなんとかしてくれると体が思っているのか、
さらに白血球が増えていきます。

増えすぎた白血球は抗体を沢山ばらまいたり、
アレルゲンを食べた白血球はヒスタミンを発生(体に危機を知らせる化学物質)させるため、
この戦いの痕跡がアレルギーとして現れます。

例えば、アレルギー物質を除去するために、
頑丈で排気量が多い戦車がたくさん体中を駆けずり回っていると想像してください。

そんな状況ではどんな人でも体を壊してしまうのではないのでしょうか?

これがアレルギーの原因なのですが、
この白血球の行動を抑制させてしまうという菌が存在します。

この菌を摂取することで、体質が改善していき、
アレルギーを抑えるということです。

まれに薬を止めると腸内環境が改善されてアレルギーが治る人もいますが、
薬を止めると命に関わる方もいますので、よく調べるか、専門家や医師に相談してから決めましょう。

アレルギーはわかったけど、どんな症状が改善するの?

腸内環境改善すると、花粉症が発症しなくなります。

逆に腸内環境のバランスが崩れると、
アレルギー体質はそのままなので発症しやすくなります。

花粉症はアレルギー性鼻炎の一種なので、
アレルゲンとなる花粉が鼻の粘膜や目に付着すれば、
いつも通り花粉症になってしまうんですね。

理屈としてはこんなところですが、
実際の効果はどうなのか?と言いますと、
周りがくしゃみを連発したり、目をこすっているのに、

「そういえば、今日って花粉が飛散してるんだっけ?」

と思ってしまうような感覚です。

それで効果ある食品はヨーグルトという声がありますが、
サプリメントでも充分効果が得られます。

また、一番気を付けてほしいことは、
薬と乳酸菌を摂取しても100%の効果が得られません。

というより効果がありません。

ヒトの腸内環境における免疫細胞たちは、
大昔から何も変わっていないので、
薬が体内に入ってしまうと、とにかく除去しようと変な行動をします。

これが慢性的なアレルギー体質につながり、
結局乳酸菌をやっても効果がないじゃん!という話になってしまいます。

薬や食品添加物の摂取をやめて、
マスクや鼻うがいなどで、アレルゲンが付着しないように心がけると、
鼻汁好酸球の発生も抑えられるので花粉症になるづらくなるでしょう。

いくらアレルギーでも鼻と腸って結びつかない気がするけど?

腸内環境と花粉症には密接な関係があります。

「鼻と腸が関係するなんて変じゃない?」

たしかにそう思えますが、
これは花粉症が本当に治った人にしかわかりません。

まず花粉症は、アレルギー性鼻炎という病気に分類されており、
一度発症してしまうとその花粉が飛散しているかぎり、
一生付き合っていかなければならない病気です。

もちろん医師や薬局から薬をもらって治療する方法もありますが、
ステロイド点鼻薬や抗ヒスタミン薬などを含めて特効薬は、
2016年現在、まったく存在しません。

しかも化学薬品に対応できていないヒトの体に薬が入ると、
何かしらの副作用が必ず働き、より一層ひどい花粉症に苦しむようになります。

病院に行っても鼻水が止まらなかったり、目が痛い方は、
なぜ自分が他の人と違うのか?疑問を抱いているのではないのでしょうか?

このような症状が発症する引き金のほとんどは薬によるものなのです。

花粉症がひどくなったヒトの体は白血球やグロブリンという受容体が異常なまで発達しており、
これらも薬による影響でアレルゲンに対し過敏な反応を起こします。

この白血球をアポトーシス(自然死させる)させる力があるというのが一部の乳酸菌で、
花粉症を抑制させることができるということで注目されています。

花粉症が治る薬ってあるの?

腸内環境改善と花粉症には密接な関係があります。

ご存じのように花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、
花粉を毒物として体が認識していて吸い込むと発症してしまう病気です。

現在流通しているアレルギー性鼻炎を抑制する
抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬などは一時的に症状を緩和できるものの、
使いすぎると拒否反応を起こし、よりひどくなると言われています。

それでも時期が過ぎれば何事もなかったように治まってしまうので、
薬を使いすぎてしまう方が多いようですね。

しかし、花粉症も薬を使わずに症状を緩和させることができます。

それが腸内環境改善になります。

実は腸に常在するアシドフィルス菌という乳酸菌には、
アレルギーに敏感に反応するヘルパーT2細胞をアポトーシス(自然死させること)力があり、
この細菌が一定数いるとアレルギー体質にならなくなると言われています。

一度なってしまったアレルギー体質を治すことはできませんが、
症状を緩和させる力がある上、抗生物質のような副作用がないので、
まだまだ認知が低いですがサプリメントで十分改善できます。

アシドフィルス菌以外にも同じラクトバチルス属の乳酸菌の中には同様に、
アレルギー性皮膚炎や花粉症に効果がある乳酸菌も多いので、
試してみる価値は十分あると思います。

腸内環境改善とアトピーってどうなのかな?

腸内環境が正常になるとアトピーが治るという噂がありますが、
ただ腸内環境を良くしただけではアトピーは治りません。

「アトピーに人たちが全員便秘なのか?」

と考えたら、それはそれで疑問に思ってしまうのですが、
いかがでしょうか?

しかしなぜ腸内環境が良くなるとアトピーが治るという噂が広まったのでしょうか?

腸内にはたくさんの善玉菌が常在しており、
それぞれ色んな役割があります。

一般的に善玉菌というと「便秘改善」という言葉が浮かんできますが、
それだけでは無いようです。

例えば納豆菌のように力が強い枯草菌は、
悪玉菌と直接戦うことができる細菌です。

納豆菌は消化酵素をばらまいて他の細菌たちが食物を分解できるように
サポートをする力もありますが、便秘改善には直接関与しません。

またアシドフィルス菌は少し大腸の腸内環境を改善する力がありますが、
なによりもT2細胞を抑制してアトピーを改善する力があるとされています。

乳酸菌を摂取したらアトピーが治るかもしれないということなのでしょうか?

アレルギーかと思っても薬が原因の場合もある?

腸内環境改善ができていないために蓄膿症が治らないと嘆いている方が多いですが、
一度クスリを止めることをお勧めします。

その代わり、鼻うがいはやってください。

あまり強く鼻うがいをやると片頭痛や中耳炎になるので、
少しづつ鼻をかむような感じでやってみてください。

一時的に爽快感が得られますが、すぐに元に戻ります。

しかし、これを続けながらクスリを飲まずにいると、
徐々に改善していきます。

でも、まだ完治しません。

この時に使うのが乳酸菌になります。

というのも、アレルギー系の鼻炎も蓄膿症も、
免疫機能のバランスが崩れたときに起きるからです。

ヒトの体内にはHT1細胞とHT2細胞というがあり、
HT2細胞が過剰になると、アレルギー性鼻炎になったり、
蓄膿症が治らなくなります。

この免疫機能を治すには、増えすぎたHT2細胞を自然死(アポトーシス)させる方法しかありません。

これができるのは一部のラクトバチルス系の乳酸菌だと言われています。

ヒトの体内に元から常在菌として存在しているアシドフィルス菌もラクトバチルス属で、
免疫バランスが崩れると外へ出て行ってしまうそうです。

だからこそ、乳酸菌を補充しなければいけないのです。

でも、抗生物質を飲むと逆戻りしてしまうので注意してくださいね。

それにしてもアレルギー患者はなんで増えるのか?

腸内環境がアレルギーと密接な関係があると昔から言われていますが、
なぜアレルギー患者が増えるのでしょうか?

アレルギーとは、体に害があるかどうか関係なく、
体が毒物として認定したものをとにかく追い出そうとして発症する病気です。

主な原因はたんぱく質だと言われていますが、
たんぱく質を取りすぎてもアレルギーにならない人はどうなのでしょうか?

これにも理由がありまして、アレルギーになる原因は「リーキーガット症候群」によるものだということです。

本来たんぱく質は体に必要な栄養素ですが、腸から体に吸収されるためには、
アミノ酸という形になるまで分解しなければいけません。

ところが、腸内環境が著しく悪く、たんぱく質が通れるぐらいの大きな穴が空いてしまうことがあります。

本来アミノ酸として体内に入ってくるものがたんぱく質そのものが入ってきてしまうので、
当然のように体は異物として認識して総攻撃をはじめるためにアレルギー体質になってしまうというわけです。

このたんぱく質が通る穴は一度空いてもまた修復されて閉じられてしまいますが、
発生原因として、まだ体が形成されていない乳幼児や元々胃腸が弱い方、
頻繁に抗生物質を飲まれる方が高タンパク質の食べ物を食べた場合に発症します。

リーキーガット症候群の発生原因として、穀物、豆類、加工食品、乳製品があります。