腸内環境改善による健康な腸とは?

腸内環境改善による健康な腸とは病気にならないことを意味します。

どういうことなのかと言いますと、
風邪、インフルエンザ、心臓病、肝機能低下、腎臓病、慢性胃腸炎、
大腸がん、腸閉塞など数を挙げればきりがないのですが、
これら全て腸内環境が悪化することにより発症する病気なのです。

これらの病気は食事が関係しているが事実なのですが、
色んな食事療法が多くどれを選択すべきなのかわからないのが現状です。

なぜ色んな食事療法があるのかというと、
偏った食事をしたり、イヤなものを無理やり食べ続けていると返って病気になる方も多いので、

「それならばこれ!」
「それならばこれ!」

という具合に色んな食事療法が生み出されてきたのです。

どれを選択したらいいのかわからないのではなく、
どれを選択するのかは人により違う。

つまり食事だけでは健康な腸を維持することができるとは限らないのです。

本当に健康な腸を維持していくためには、
副交感神経の活性化が重要になります。

副交感神経というと耳慣れない言葉ですが、
この自律神経が活性すると免疫細胞や各臓器が活性化されて健康が意地されます。

不安な悩み事が続き、胃潰瘍や腸閉塞、慢性的な下痢や便秘がつづくのも
副交感神経がなにかしら関係していることがあります。

例えば、世界中の長寿の行動や食事を調査した結果、
アルコールやカップ麺という不健康な食べ物をたまに食べて100歳以上という方も多く、
むしろ毎日をポジティブシンキングで暮らすことが大切だとされています。