腸内環境改善までの期間は?

腸内環境改善するまでどれくらいかかるのか?

これは人により目的が違えば期間も変わります。

たとえば一般的な便秘や下痢を改善したいのなら2~3日もしくは1週間程度。

リーキーガット症候群や(腸に微細な穴が空き、アレルギーや慢性病を引き起こす原因を作る症状。
日本では穀類を多く摂取している人が多いので、7割型は隠れ型も含めてリーキーガット症候群になります。)
SIBO(小腸内細菌過剰繁殖)の場合は2ヶ月ぐらいかかると言われています。

アトピーなどの皮膚炎やアレルギー体質も同じくらいになります。
(実際アレルギーそのものを治すわけではありません。)

半年もすると体に悪い食事が受け付けなくなる人が多くなります。

また食事療法ばかりに注目いきがちですが、
忘れてはいけないのが副交感神経の活性化になります。

日本ではまだまだ認知が低いのですが、
自律神経の1つである交感神経の動きにより、
健康が左右されるという報告もあります。

一番身近な情報ですと「笑えばガン細胞を減らすことができる」という話を
耳にされた方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

でもこの「笑えばガン細胞を減らすことができる」という事実こそ、
健康的な腸内環境を作るとができ長寿につながるのです。

というのも、多くの100歳以上の高齢者たちに共通していえることは、
いつも明るく自分のことは自分でやるという行動パターンがあるのです。

むしろこちらの方が重要で、食事療法よりも重要視されているのです。

食事療法が行えるのは、悪い生活習慣を変えることで、
慢性病やガンのリスクを軽減することにあります。

一般的に長寿のイメージがありますが寿命が極端に延びるわけではありません。