腸内環境改善とセロトニンの関係とは?

腸内環境とセロトニンの関係は、
下痢、便秘、腹痛を引き起こす引き金だと言われています。

セロトニンは体内の90%が小腸に分泌されるため、
一般的にセロトニンが大量に分泌されると下痢を起こし、
減少すると便秘になると言われていますが、はっきりしたことはまだ分かっていません。

ただ、人が不安な感情に襲われたときにセロトニンが大幅に減少します。

不安な感情が続くとガン細胞の増殖、呼吸の乱れにより活性酸素の増加、
最終的には腸内環境の悪化につながり、大腸がん、腸閉塞、肝機能の低下、
腎臓病などを引き起こしてしまいます。

このような病気にならないために副交感神経の活性化が重要になります。

健康と副交感神経が大きく関わっていることを既にご存じかと思いますが、
それが「セロトニン」という言葉に置き換わっているのと同じことなのでしょう。

それを科学的に理論づけるためにセロトニンという言葉を使って説明しているのかもしれませんね。

どちらにしても私たちが健康的な体を継続するためには、
常に笑い、リラックスして、太陽を浴びて、よく寝る。

頭を使い、やれることは自分でやるといった習慣をつけることしかありません。

「ちくしょう!あいつさえいなければ!」
「なんで私ばかり不幸なのかしら…。」

心が不安定になる考えが多ければその分だけセロトニンの量が少なくなり、
免疫細胞も異常な行動をとりはじめます。

環境を変えることは中々できませんが、
ストレスフリーの生活をおくるためにどういう精神状態でいればいいのか考える時代が来ているようです。