腸内環境改善によるビタミンcと腸内細菌の関係とは?

腸内環境改善のためにビタミンCを欠かさず摂取している人もいますが、
あまり気にする必要はありません。

ビタミンCは昔から美容と健康のための成分として注目されており、
スーパーやドラッグストアに行けば、
ビタミンCがたっぷり入っているサプリや健康食品を見かけますね。

また、コンビニ弁当、お茶のペットボトル、その他ドレシッング類、
むしろビタミンCを添加されていない食品を探す方が大変なのです。

それもそのはず、ビタミンCは低コストで添加できる食品添加物だからです。

また生野菜やフルーツにもビタミンが含まれているので、
不健康な生活をしている人も、健康食品を重視している人も、
ビタミンCを摂取しているということなのです。

「しかし、過剰摂取したらどうなるのか?」

たしかにそのことに関してはあまり言及されていませんが、
現在のところは過剰摂取しても問題ないとされています。

というのも、過剰摂取した場合は尿で排出されてしまうので、
気にする必要がないということなのです。

「でも、ビタミンCが不足して肌荒れを起こすという話があるけど?」

肌荒れも腸内環境が改善されてないために起こるとされています。

乳酸菌が不足していること、便秘が長引いていること、
色んな要素が重なっているのでビタミンCだけではありません。

ビタミンCが不足していると感じているのなら、
他の方にも目を向けてみましょう。


2016年5月4日 腸内環境改善によるビタミンcと腸内細菌の関係とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A