腸内環境改善に良い食べ物とは?

腸内環境に良い食べ物は人により違いますね。

野菜が良いという人がいれば、不溶性だから便秘になるという人がいる、
肉が体に悪いと昔から言われていますが、実は体を形成するために必要なタンパク源と言われている、
米やパン、麺類は体に悪い慢性病を引き起こすと言われているけど、
穀物を止めると死亡率が上がる理由を説明できない。

あまりにも情報が多すぎてインターネットで調べても、
何が正しいのかよくわかりせんよね。

過去に玄米だけを食べ続けた結果、体内で消化できずにガンになってしまった医師がいたり、
ヴィーガン(絶対菜食主義者)を続けて生理不順や抜け毛に悩まされて止めた女性、
肉を食べ過ぎて血液の動きがにぶり動脈硬化や脳梗塞で死んでしまった方もいらっしゃいます。

彼らは「絶対体に良い!」と信じて続けていたのに、なぜこのようになってしまったのでしょうか?

それは我々人間は全ての食品をバランスよく食べて初めて健康になれるようになっているからです。

肉食動物や草食動物が同じものを食べても大丈夫なのは、
体内で必要な栄養素を合成することができるからで、
人間にはそれができません。

偏った食事を続ければ何かしらの栄養素が欠如するだけなので、
体調が悪ければ何が足りないか考えてみましょう。