腸内環境が腸内腐敗を起こした場合の改善方法とは?

腸内環境が腐敗を起こしてしまい、腹痛やお腹の張りが治らないことがあります。

このような症状のことを過敏性腸症候群(SIBO)と言われており、
中々治療できずに悩んでいらっしゃる方がいらっしゃいますね。

過敏性腸症候群(SIBO)は腸内で異常な数の細菌が爆発的に増えて、
ガスを発生させてしまい、腸を風船のように膨らませてしまいます。

主に小腸で起こる病気ですが、大腸でも憩室(くぼみ)をつくってしまい、
同じような症状を発症する場合もあります。

憩室は腸に風船のようなくぼみができることで、
この中に食べ物がたまり細菌の住処になってしまいます。

憩室ができても基本的に抗菌薬で切らずに治療する方法が一般的で、
症状が頻繁に起こるようなら外科治療で憩室を取り除くようになります。

また憩室があるかどうか調べる

ご存じのように抗菌薬は善玉菌も悪玉菌も無差別で殺菌してしまうので


2016年5月14日 腸内環境が腸内腐敗を起こした場合の改善方法とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A