腸内環境改善にビオフェルミンは効果がない?

腸内環境改善にビオフェルミンを飲んでも効果がないのは
ビオフェルミンが体に合わないようですね。

ビオフェルミンは古い歴史をもつ整腸剤で、
もし買う人がいなくなれば無くなるはずのものでした。

それが今日まで改良を重ね、売れ続けている理由は、
効果があるヒトもいるということです。

「しかし、なんで効果がある人とない人に別れるのか?」

それは元々日本人はぬか漬けや納豆などを中心にした植物性乳酸菌や枯草菌の摂取が多かったものの、
動物性乳酸菌やビフィズス菌を摂取する習慣が無かったので、それが引き金となり、
胃腸を弱くしてしまった日本人が多かったそうです。

旧家の建物を訪れると頭があたりそうなぐらいに入口が狭いのも、
動物性たんぱく質が少なかったために昔の人の身長が低かったのが
おわかりいただけるのではないのでしょうか?

この偏った発酵食品に目をつけて誕生したのがビオフェルミンなのでしょう。

しかし、現代人になると食生活が逆転してしまい、
返って動物性たんぱく質を中心にした食生活にかわりました。

数多くの医師や専門家が危険だと警告する乳製品やヨーグルトにも、
動物性たんぱく質とともに動物性乳酸菌やビフィズス菌が大量に含んでいるので、
今度は植物性乳酸菌が不足してしまっているというわけです。

それがアレルギー体質を増やす原因にもなっているんですね。

ヒトである以上は両方の細菌を効率よく摂取していく方法こそが腸内環境改善に近道になります。

また、トウガラシやニンニクなどの香辛料を大量に含んだ食べ物は、
返って腸内細菌を滅菌してしまうので極力控えた方がいいかもしれませんね。

整腸剤とともに食生活にも気を使いましょう。

腸内環境改善で正常化するためにリナクロチドが効果的と聞いたが?

腸内環境が悪化してSIBOやIBSに悩まされて、
クスリでなんとかしようという考えが浮かび上がるのではないのでしょうか?

過敏性腸症候群(IBS)に効果的なクスリでリナクロチドが有名ですね。

細菌を死滅させるなら抗菌薬で充分なのですが、
動き過ぎる腸を強制的に抑え込むためにリナクロチドが有効とされています。

過敏性腸症候群(IBS)というと、
動き過ぎる腸のために下痢を引き起こすので、
それを強制的に止めるというとなにかしら副作用が起きるのではないのでしょうか?

もちろん、なんなのかは分かりませんが、
とりあえず腸を過敏に動かないようにするにはどうすれば良いのかを説明します。

まず、過敏性腸症候群というと、
「副交感神経」と関係しています。

副交感神経というと、あまり耳にしない言葉ですね。

この自律神経は「不」の感情に左右されます。

悲しい、怒れる、不安など、これらの感情により、
心臓がバクバクしたり、涙が止まらなくなったりします。

この影響で腸が過敏に動き下痢をおこしてしまいます。

「ウソだろう!?」

どう思うのかは勝手ですが、不の感情が免疫バランスを崩すことは明確です。

笑うとガン細胞を死滅させるということが有名ですが、ご存じでしょうか?

それぐらいに、不の感情と神経、免疫細胞が反応しているのです。

感情を落ち着かせるために「瞑想」が一番だというのもそういう理由があります。

心を落ち着かせ、真実を知る、こんな単純なことが現代人のほとんどが出来ないのです。

「毎日「瞑想」しています!」という方がいたら本当に申し訳ございません。

でも、それぐらいに心臓をバクンバクンと言わせたり、
不安な感情で入院することは、本当に避けたいではないのでしょうか?

だからこそ、人は周りの感情に反応してはいけないのです。

クスリで解決するのは簡単ですが、
それとは別に貴方の腸が悲鳴をあげていることはなにかしら理由があるのです。

だからこそクスリを飲んではいけない。

言いかければ、クスリで解決する方法ではなく、
精神を落ち着かせて「嵐」が過ぎ去るのを待つ方法こそが腸内環境改善の近道となるのです。

腸内環境改善とワクチンとは?

腸内環境改善と社会問題を結びつけるのはどうなのか?と思いますが、
もしあなたの健康が国の政策などにより、おびやかされているとするなら、
どうお考えになるのでしょうか?

2010年1月のTED2010会議にて、ビルゲイツが驚くべき発言をしました。

「世界の人口は68億人、やがて90億人には到達するでしょう。
私たちが考える新型ワクチンに真剣に取り組めば10~15%人口の削減が可能です。」

スピーチ開始のわずか4分半の出来事でした。

腸内環境のサイトなのに、なぜこんな話をするのか?というと、
ビルゲイツが行うような優生学の話になると、

「障がい者や貧民は断種されるべきだ!」

という声がありますが、彼らではなく、
あなた自身に矛先が向けられているとしたらどうでしょうか?

なぜならビルゲイツは、ご存じのようにアスペルガー症候群。

優性政策に取り組む本人が障がい者なのです。

ビルゲイツが取り組む優性政策はアフリカ人に向けられているようですが、
もし、人にワクチンを注射して何十年後かに確実に死につながったり、
精子を少しづつ減らしていき、生殖行動を失わせるようなことがあるとするのなら、
日本で毎年のように行われている予防接種キャンペーンが非常に危険なのかもしれません。

少子化、男性の草食化、未結婚率の増加など、
日本が直面している問題はもしかしたら、
世界から断種されるべき存在であることなのかもしれません。

このような優性政策があるにも関わらず、
たまに、

「デタラメだ!」
「所詮はネットの情報でしかない。聞く必要はない。」

という声もありますが、
今一度、あなたの体を守るためにも優生学について知ってください。

腸内環境改善による悪玉菌を殺すサプリメントとは?

腸内環境改善のために悪玉菌を殺す薬やサプリメントを探していましたが、
現在のところないようです。

全て死滅させる「抗菌薬」が今のところ有効ですが、
同時に善玉菌も死滅させてしまうので、これでは意味がありません。

また抗菌薬を服用している間、食物を体に入れれば当然腐敗してしまうので、
腐敗菌や悪玉菌の住処となってしまいます。

やはり善玉菌をたくさん取り入れて悪玉菌を抑制させる方法が一番なのかもしれません。

ちなみに最近の研究で分かったことですが、
ウェルシュ菌のような悪玉菌がヘルパーT2細胞を抑制して、
アレルギー症状を緩和することができるのだそうです。

「のような悪玉菌」というのは、
まだどの悪玉菌がアレルギー抑制効果があるのかはっきりしていないからです。

また悪玉菌は健康な人の体内にも数パーセント常在菌として住んでおり、
外から侵入した毒や外来菌たちを排除する役割もあります。

人も動物も増えすぎるから色々と問題を起こします。

細菌も増えすぎるからガンや病気になってしまいます。

悪玉菌というと「諸悪の根源」と思われがちですが全てが悪は限らないのです。

他にも全て滅菌しようとすれば耐性菌になってしまい、
より強くたちの悪い細菌になってしまうこともあるので、
滅菌させるのではなく、

「上手く付き合っていく」

という方法が一番でしょうね。

腸内環境改善しようと抗生物質を飲みすぎると悪化する?

腸内環境をよくしようと思い、
抗生物質を飲まれる方もいらっしゃいますがお勧めしません。

抗生物質のほとんどは石油からできているため、
そのことよく知っている医療関係のお仕事をされている方は飲まないからです。

もし貴方が医療関係のお仕事をされているのであれば、
よくご存じではないでしょうか?

「でも下痢や便秘になったことがないが?」

薬を飲んでもすぐに具合が悪くなるわけではありません。

糖尿病、心臓病、腎臓病、肝機能の低下、皮膚炎、胃炎、鼻炎など、
あらゆる慢性病やガンは、寿命によるものもありますが、
薬の飲みすぎで引き起こされています。

最近、医師と保険会社が口をそろえて、

「人はいずれガンになるので、ガン保険に入った方が絶対良いです。」

みたいなこと言っていますが、
年々増加するガンや慢性疾患に関する話と、
薬や化学物質の使用頻度に関する話はウヤムヤにされています。

つまり、日本のガン患者が増える本当の原因は
インターネットや書籍には掲載されていないんですね。

薬で慢性病やガンを引き起こした患者が増えると、
患者は自分の病気を治そうとさらに薬を求めるようになります。

そして医師は新しい薬を患者に処方する。

このようなサイクルを続けて医師は利益を得ることができます。

医師の中でもこのサイクルに疑問を持ちながらも、

「もし医師をやめたら...。」

と後ろめたさがありながらも続けている医師、
開き直っている医師、サイクル事態を知らない医師に分類されます。

このようなことを書いてもどこかのサイトにあった戯言で片づけられると思いますが、
気になるようでしたら医師が書かれた本を数冊と、
信用できる医療関係者に是非聞いてみることをおすすめします。

腸内環境改善のために薬を使ってはいけない理由とは?

腸内環境改善させるために、
薬を飲んではいけないというのは、
薬が体に悪影響を及ぼすことがあるからです。

「なんで悪影響を及ぼすと言えるのか?」

大手製薬メーカーから作られる薬品のほとんどは石油でできており、
体内に入ると免疫細胞の異常な行動、腸内細菌の死滅、胃や腸、肝臓をはじめとした
各種臓器に負担かけるといった副作用が必ずあるということです。

薬が体内に悪影響を及ぼすことは新しく病気を作るという意味もあり、
病院で、スーパーのレジ袋を持ち歩くかのように、
いっぱい薬を持ち帰る人はすでに薬の副作用に侵されているのかもしれません。

短期的に治るけど長期的には治らない。
しかし、病気を治したいから薬を買う。

これが100年以上前から続く医療ビジネスになります。

「そんなの、大げさすぎるだろう?」

それでは、高血圧の数値の基準値や肝機能の数値の基準値が、今と昔と違うことはご存じでしょうか?

基準値を上げたり下げたりするときに、それなりの説明はあるのですが、
基本的にたくさんの患者さんがある程度の目標値に到達すると、
薬を処方する必要が無くなるので医師も仕事が成り立たなくなるということです。

保険機構、財団、製薬メーカー(病気を作ったり、作った病気に侵された人を治す薬を作る。)
医師(製薬会社から供給された薬を人に配る。売る。)
患者(知らずに口にして新しい病気を作り、また薬を買う。)

もっとも、この数値をコントロールしているのは、
大手製薬メーカーやWHOなどの団体によるもので、

「この数値がここまで到達すると、○○という病気のリスクが高まる!」

という報告により、多くの医師は何の疑問も持たずに患者さんに薬を処方し続けるということです。

中には事実を知っているけど処方し続ける医師もいますが、

「薬は危険だから飲まない方が良い!」

とキッパリ言い切れる医師は中々いないようです。

それには、患者さん側からすると、

「薬を処方してくれないなんて、見捨てられたのか?」

と錯覚してしまう患者さんがいるということや、

「薬を飲ませ続けることは大変危険であり、患者さんの体にも負担がかかる。」

と学会で発表すれば、真っ先に村八分にされてしまうという、
医療業界の裏事情があるからなのです。

もしあなたが何かしらの病気を抱えていて完治できなかったり、
前に比べて薬の種類が増えるというのであれば、
薬では感知できないことはあなた自身が一番わかっているのではないのでしょうか?

だとするのならば薬を使わずに治療するという方法もあるということです。

100年以上前から世界規模に作られた医療ビジネスに太刀打ちすることはできませんが、
もしあなたが望むなら、薬に頼らず死ぬまでピンピンしていることもできるでしょう。


2016年8月18日 腸内環境改善にビオフェルミンは効果がない? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A