腸内環境改善されると美肌になる? 1

腸内環境改善されると美肌なれるという話は本当です。

便秘や下痢が続く原因は、
腸にたまった食べ物に腐敗菌などの細菌がむらがり、ガスを発生させます。

このガスは、腸から体内へ吸収され、血液に流されて全身にまわります。

この血液にのったガスが、皮膚呼吸で汗などと一緒に排出されるため、
皮膚が汚いガスにおかされてしまい、肌荒れになるというわけです。

食べ物でたとえ話をしましたが、食品添加物や薬品にも肌は敏感なので、
肌が気になる場合は食べているものを気を使ったほうがいいでしょう。

特に現代社会の場合、食品添加物が含まれていない食べ物を探す方が困難なので、
ある程度健康に気を使っていても普通の健常者より肌が弱ければ、
肌荒れになることもあります。

この肌荒れを改善させるためには乳酸菌も必要なのですが、
いかにして体内に食べ物を溜めこまないようにするかが焦点になります。

「食物繊維が一番いいということかな?」

たしかにそれも必要ですが、ヒトの体内で消化されにくい野菜を一気にたくさん食べると、
ひどい腹痛につながり肌荒れをおこしてしまうこともあります。

たとえばスムージーは健康飲料の代表格ですが、噛まずに腸に送り込まれたスムージーは、
野菜でんぷんがブドウ糖に変わるためのグルコースなどに変換されることなく腸に到達してしまうため、
膵液と混ざると急性膵炎のような症状になったり、リーキーガット症候群にもつながります。

腸内環境改善されると美肌になる? 2(つづきへ)