腸内環境改善のための免疫細胞が腸を不安定に? 2

業者は家畜に病気を出さないようにあらゆる方法を使っていますが、
やはり抗生物質を止めることはできませんし、
病気1つで家畜小屋が全滅して廃業してしまう業者さんもいるので、
この問題は海外だけではなく、日本も同じことなのです。

結果として私たちが何気なく食べている食品にも何かしら残留薬が含まれており、
健康被害を及ぼすということです。

ヒトの体は原始時代のころから全く変わらない免疫システムを持ちます。

現代人の手によって作り出された薬品を除去する方法はなにも持ち合わせておりません。

ここ最近、ガンや慢性病が急激に増えたりするのも、
薬に対して戦う力がない免疫細胞が薬に反応してしまったがために
異常に増殖したり、過敏に反応してしまうんですね。

薬によって今までに多くの病気が治ったということもありますが、
風邪や腹痛だけで安易に飲むものではありません。

もちろん、ワクチンのような予防接種もおなじことです。

日本ではワクチンの接種が義務付けれていますが、

「増えすぎた世界の人口はワクチンを使って調整することができる。」

とビルゲイツが語っていることはご存じでしょうか?

人が作ったものは体に極力いれない。

これがもっとも健康になる近道であり、腸内環境改善に繋がるのです。

腸内環境改善のための免疫細胞が腸を不安定に?1(前に戻る)


2016年5月28日 腸内環境改善のための免疫細胞が腸を不安定に? 2 はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A