腸内環境改善と肌荒れの関係は?

腸内環境が悪化すると肌荒れが起きます。

体内で腐敗したガスが腸管をすり抜けて血液と一緒に体全身にいきわたり、
新鮮な肌を侵してしまうということです。

また本人は気づかないかもしれませんが、
体臭も結構きつくなっていないでしょうか?

ヒトは体臭があっても臭いとは言いません。

しかし早めに気づけると肌荒れを未然に防ぐこともできます。

このような肌荒れや体臭の原因は食べ物にあります。

腐敗しやすい動物性たんぱく質と、体内に残りやすい不溶性食物繊維の摂取をやめて、
フルーツと海藻類、キノコなどを食べていくと自然と無くなります。

また、ショウガ、トウガラシ、ターメリック、ニンニクなどの香辛料は臭いが残りやすくなりますが、
体内から外へ排出物が出ていきやすくなる分、肌荒れは改善していきます。

インド人でキレイな女性が多いのもカレーの香辛料による影響なのでしょうか?

ただしやりすぎると、栄養不足になることもあります。

やはり肉も魚も野菜もバランスよく食べてこそ肌荒れ改善=健康になるのです。

また、体内にたまった老廃物を外に出すために運動や風呂で汗をかくことも大切です。

ただしサウナは避けてください。

日本のサウナは北欧のサウナと比べて暑すぎる(100度超え)ので、
返って心臓に負担をかけてしまい大変危険です。