腸内環境改善と牛乳の関係は? 2

中国でも牛乳は飲まれていますが、最近発展した町に住む都民だけなので、
もしかしたら30~50年ほど経つと何かしら変化があるかもしれません。

また牛乳が危ないと誰かがいうと、ものすごい勢いで、

「そんなものは科学的な根拠はない!」

と否定する方がいらっしゃいますね。

日本人は昔、栄養不足で平均寿命が短かったという説も、
一休宗純、葛飾北斎、歴代の大名たちが長寿ですね。

彼らは牛乳を飲んでいたのでしょうか?

また牛乳をやめるスポーツ選手が海外で多いですが、
ストイックな食事をしている彼らがなぜ牛乳をやめたのか不思議ですね。

逆に牛乳を飲まなくても骨粗鬆症にならない人や慢性病にならない人、
長寿の人はどうやっても科学的に証明できないのでしょうか?

もし証明できるようになったら、みんな安心して牛乳が飲める日がくるのかもしれませんね。

この牛乳論争は今後も加熱しそうですが、
お互い否定しあうのではなく、

「あっ、私は体調が悪くなるので牛乳も乳製品もとりませんよ。」
「僕はアイスクリームやチーズが大好きだ!」
「健康そうなので牛乳でも飲もうかな?」

という感じに個々の自由でいいのかではないのでしょうか?

ただ、健康を考えると米が危ないとか肉が危ないとか、
牛乳以外にもたくさんありますが、牛乳ほど過剰な論争があるのは非常に不自然なので、
やはり避けた方が無難でしょう。

腸内環境改善と牛乳の関係は?1(前に戻る)