腸内環境改善のための腸を強くする食べ物とは?

腸内環境を強くするためにはどうしたら良いのでしょうか?

これを調べていくと、基本的には腸を強化することはできません。

よく腹筋をやって腸に筋肉をつけようという言葉がありますが、
これをやると、筋肉で腸をガチガチに固められてしまい。返って便秘になりやすくなります。
(よほどやらない限り便秘になりません。どちらかというと効果無いという意味。)

ただダンサーのように全身運動を続けていると腸のぜん動運動が促され、
排便回数が増えるようになります。

そのため、ベリーダンスが女性の間では非常に人気だという話は耳にしますね。

そこで食べ物をどうしたら?ということなんですが、
基本的に腸に負担をかけないようにすることが腸を強くすることができます。

その中でも代表的な食べ物がムチンを含んだ食材になります。

ムチンとはヌルヌルネバネバした食材で、
オクラ、モロヘイヤ、昆布、モズク、納豆、海藻、長芋、なめこなど、
このヌルヌルネバネバした成分が腸にたくさん付着することで、
排泄物がスムーズに流れていくのです。

食べ物が通過するたびに腸は劣化していくので、
年齢により病気になりやすい人となりにくい人に別れるのはそのためだったんですね。

それでも若ければ細胞の回復が速いので、
先ほどあげたムチンを含んだ食材とフルーツ、たんぱく質を効率よく摂取していけば、
腸内環境は改善していきます。


2016年6月12日 腸内環境改善のための腸を強くする食べ物とは? はコメントを受け付けていません。 鼻茸Q&A