腸内環境改善とハモは関係ありますか?

腸内環境とハモの関係はリジンとメチオニンにあります。

リジンとは必須アミノ酸のひとつで、
年齢を重ねるとともに不足しがちになるため摂取する必要があります。

不足するとめまい息切れ、腸内環境の低下を引き起こし、
血中のコレステロール値を増加させます。

逆に適切な摂取をこころがけると、
腸内環境の活性化させコレステロール値の低下、
消化酵素を活性化させて脂肪酸が適切に利用させるようになります。

つまり脂肪肝に効果的だということなんですね。

過剰な摂取は腎機能障害を引き起こす恐れがあるので注意が必要ですが、
サプリメントのような濃厚なリジンを体に入れずに、
食べ物で補っていけば問題ありません。

メチオニンも必須アミノ酸の1つで、
腸内環境を高める効果があります。

メチオニンには肝臓に溜まった老廃物や毒素を外へ排出して、
血中のコレステロール値を低下させ脂肪がたまらないように保護してくれます。

こちらもサプリメントによる過剰摂取は、
めまい、嘔吐などを引き起こすため大変危険です。

どちらも過剰摂取は危険ですが、
とくに腸内環境障害を起こしてしているときに摂取すると、
逆に症状を悪化させる恐れがあるため、
健康なときに食べたほうがいい食べ物だということになります。

ハモの時期は夏です。

腸内環境改善とナゲットは関係ありますか?

腸内環境とナゲットの関係は
ピンクスライムにあります。

ナゲットについてネットで調べると、
「ピンクスライム」という言葉が出てきたので、

なんだスライムって?

ピンクスライム?生き物?
いやいや、そもそも食べ物なのか?
それとも某有名ゲームの?

と思いましたが、くず肉を集めて
ペースト状にした加工肉のことを言うのだそうです。

くず肉には骨、内臓もろもろ入っているので、
そのままでは腐りやすいので洗濯機のような機械で丸洗いした後、
アンモニアなど各種薬品を添加して、
ちょっとしたことでは腐らないものになるのだそうです。

作る過程を動画で見てみると、ドックフードや猫缶ならず、
まさにヒューマンフードが出来るまでといった感じで、
今の文明化学の力を見せつけられたような感じでした。

これが冷凍食品などの綺麗な箱に梱包されて、
私たちの食卓に運ばれるというわけなのですが、
原材料名を見ても「牛肉」「とり肉」「ぶた肉」「保存料」
としか書かれていないので実際どんなものが入って、
どんな工程で作られているのかさっぱり分からないということです。

某有名ハンバーガーショップでは

「ピンクスライムは使われていません!」

と言っていますので、とりあえず安心だと思いますが、
大型掲示板などでその話題を読むと、

「おい、みんな朗報だぞ!あのナゲットにはピンクスライムが使わていないって話だぞ!」
「本当か!あーよかった!よかった!」

とまるで歓喜に包まれたような言葉がたくさん投稿されていました。

腸内環境改善と太刀魚(たちうお)は関係ありますか?

腸内環境と太刀魚の関係は、
豊富なDHAとEPAにあります。

他にもオレイン酸も含まれているので、
悪玉コレステロールを低下させて、
腸内環境の改善、脂肪肝を正常な状態にするなど、
優れた効果があります。

元々太刀魚は油が多い魚ですが、
このオレイン酸が大量に含まれているので
油っこく感じないのだそうです。

オレイン酸はベニバナ油などの精油にも含まれており、

「コレステロールを低下させる!」

というデカデカと書かれた広告をスーパーで目撃した方も多いのではないのでしょうか?

次にDHAとEPAですがこちらも脂肪肝に効果的な成分です。

DHAとEPAは魚の油に含まれている成分で、
特に太刀魚は油だらけということもあり、
効率よく摂取することができます。

ネットで検索するとDHAとEPAは似たような効果が
おおざっぱに書かれていることが多いですが、
この2つの成分には明確な違いがあります。

まずDHAは脳の伝達神経に働きかけ、
記憶力、発想力を強化してくれます。

脳が発達段階の子供に効果的で、

「勉強にDHA!」

という広告もドラッグストアの
サプリコーナーにいくと見ることもありますね。

EPAは血管のコレステロールを低下させる効果があり、
脂肪肝を正常にするには効果的です。

腸内環境改善とムラサキキャベツは関係ありますか?

腸内環境とムラサキキャベツの関係は、
豊富な栄養素とアントシアニンにあります。

緑のキャベツもそうですが、
各種ビタミンが豊富に含まれていますが、
ムラサキキャベツにはさらにビタミンが豊富に含まれており、
ミネラルは1.5倍ほども含まれています。

本来サラダのいろどりに使われる野菜ですが、
緑キャベツよりも通常使いにしたほうがよさそうですね。

次にアントシアニンですが、
血中のコレステロール値を下げる効果があり、
体の中性脂肪を浄化する力があると言われています。

特に脂肪肝には効果的で、
毎日摂取することで腸内環境の改善効果が期待できそうです。

アントシアニンというと、
ブルーベリーを食べて目に効果的なイメージがありますが、
肝臓にも効果的なんですね。

これだけ豊富な栄養素をもつムラサキキャベツですが、
市場に出回る量が少ないためか緑キャベツに比べてお値段が高い野菜です。

元々いろどりに使われるイメージしかない野菜なので、
当然といえば当然ですがもう少し増えてくれれば良いのかなとも思います。

時期は春、秋、冬と産地を変えながらほぼ年中収穫されています。

またムラサキキャベツはスプラウト(カイワレ)も販売されています。

こちらも使い方は「いろどり」が基本みたいですが、
栄養素は成長したムラサキキャベツよりもずっと高いので、
ホームセンターで種を買って栽培してみてもいいかもしれませんね。

腸内環境改善とえびは関係ありますか?

腸内環境とえびの関係は、
低脂肪で高タンパクの豊富な栄養素にあります。

特に「キチン」という食物繊維が豊富に含まれており、
この成分を摂取すると血中のコレステロール値下げて、
動脈硬化の予防、ガン抑制効果に期待できると言われています。

それだけではなく、
腸内環境の正常化、便秘改善、解毒作用などなど、
調べれば調べるほどいろいろ書かれていますが、

「本当なの?」

と思ってしまいました。

とりあえずキチンに関してはこんな感じでしたが、
えびには脂質がほとんどないので、
体に負担をかけることなく豊富な栄養素を摂取できます。

ではどんな種類のえびが良いのか?

これはさくらえびが一番なのかもしれません。

基本的にえび種類はたくさんあるものの、
栄養素はどれも同じぐらいあります。

ところが殻まで食べる人は中々いないのではないのでしょうか?

そこでさくらえびが一番いいのではないか?

ということです。

殻には豊富なカルシウムが含まれているので、
これが肝臓病予防につながります。

カルシウムが豊富というとしらすも同様ですが、
キチンを摂取しながらカルシウムを摂取できる食材は、
さくらえびしかありません。

さくらえびの名産地は静岡です。

静岡に行くときは、うなぎよりもお勧めします。

腸内環境改善とこしょうは関係ありますか?

腸内環境とこしょうの関係は、
ピペリンにあります。

ピペリンとはこしょうの独特の辛み成分のことで、
薬効成分が高く抗ガン作用、抗菌作用、消化促進など、
あらゆる効果があるとされる身近な調味料です。

ところが刺激物なので肝臓に負担をかけるという見方もされ、

「この刺激物は肝臓に負担をかけるのでは?」

「いやいや、抗菌作用や消化促進作用があるので安全だろう。」

と議論されてきました。

事実、肝臓に刺激物を与えると、
負担をかけることになり腸内環境を著しく低下させます。

ところがピぺリンは少し違うようで、
肝臓の解毒作用を高めることができます。

解毒作用を高めるということは、
腸内環境を改善させるということですね。

では取りすぎはどうなのか?

これに関しては「止めた方が良い。」ということになります。

こしょうを過剰に摂取すると医薬品と相互作用して大変危険なので、
特に肝臓が弱っている人にはおすすめできません。

やはり刺激物は体に悪いというこですね。

このような健康に必要だけど、過剰に摂取すると、
健康被害をうける食品はたくさんあります。

むしろ全部なのかもしれません。

たとえばミネラル成分は必須栄養素であるものの、
過剰な摂取はあらゆる病気を引き起こすようになります。

こしょうもたまに少量だけ摂取する方が、
肝臓にいいということなのです。

腸内環境改善とそばは関係ありますか?

腸内環境とそばの関係は、コリンにあります。

コリンとは聞きなれない成分ですが、
肝硬変や脂肪肝を改善させる効果があるといわれ、
腸内環境の改善に期待できる栄養素です。

どのように改善されるのかというと、
コリンがレシチンを作る材料になるため、
腸内環境の改善に役に立つということです。

レシチンは細胞膜を作る成分で、
コレステロールが貯まるのを防ぎます。

また脂肪を溶かす力があるので、
脂肪肝や中性脂肪を正常な状態にかえてくれる働きもあります。

この作用により脂肪肝や肝硬変を防ぐと言われています。

そばの時期は10~11月ごろ。

この頃に収穫されて流通するそばは「新そば」と言われ、
香りやのどごしがよく非常に人気が高いです。

一般的にそばというと二八蕎麦が主流ですが、
中には小麦粉8のそば粉2のほぼうどんのようなそばも流通しています。

僕はそこまでそばマニアではないので、

「これはそばとは絶対に認めない!」

とは言いません。

ですがコリンを大量に含み、
腸内環境の改善に役立つとするのなら、
絶対にそば粉の比率が明らかに大きい方が効果的だと思います。

他にもコリンはレバーにも含まれているので、
上手に摂取して腸内環境の改善をめざしていきましょう。

腸内環境改善とフライドチキンは関係ありますか?

腸内環境とフライドチキンの関係は、
油とたんぱく質にあります。

とても体に良い食べ物とは言えませんが、
どれぐらい体に影響を及ぼすのでしょうか?

まず市販のフライドチキンには、
「ショートニング」とよばれる油が使われています。

ショートニングとは植物油を固形状にしたもので、
保存性が高く揚げ物に使用すると「サクッ」「パリッ」という、
独特の食感が楽しめます。

食べ物が美味しくなる一方、
「トランス脂肪酸」という危険な成分が製造する工程で生成されており、
健康被害が軽視できないという問題もあります。

主に引き起こす疾患は、
ガン、アレルギー、コレステロール異常、動脈硬化など、
腸内環境を低下させる恐れもあり、
基本的に「食べるな」ということになります。

海外ではすでに製造、販売、すべて中止にしているところが多いですが、
日本では現在もショートニングを使用しています。

身近なところですと、
コンビニにあるクッキーやバランス栄養食品には
ちゃんとショートニングが使われていますね。

バランス栄養食品はドラッグストアでも陳列されていますので、

「たまに食べるとき用に買っておくかな。」

と思う前に成分表をみることをお勧めします。

現在、ショートニングを止めて別の油を使っている
ファーストフードが出てくるようになりましたが、
まだまだ数が少ないのが現状です。

腸内環境のことを考えるとするなら、
揚げたお菓子や食品には十分気を付けましょう。

腸内環境改善とパスタは関係ありますか?

腸内環境とパスタの関係は、
たんぱく質と炭水化物にあります。

パスタは小麦粉だけかと思ったのですが、
パスタの中には卵とオリーブオイルと塩が入っています。

そのため一般的なうどんやラーメンに比べてカロリーが高く、
腸内環境を低下させる恐れがあるといえます。

高カロリー、高炭水化物、高たんぱく質の食品は
肝臓で分解処理するには手間がかかるため、
結論からいうと「食べるな」ということになりそうですが、
不足も問題につながります。

たとえば、たんぱく質不足は
肝臓に筋肉がつきにくくなり肝細胞が傷んでしまいます。

炭水化物も中性脂肪を燃やすエネルギーとして使われているため、
炭水化物不足は「脂肪肝」につながります。

腸内環境に焦点をあてるとこういう事になりますが、
他にも貧血、集中力の低下、抜け毛など、
あらゆる疾患を引き起こすようになってしまうので、
食べないのも返って問題につながってしまうんですね。

じゃあどうすれば良いのか?

それこそが「適度な量に調整する」ということです。

炭水化物を量を減らして、
ジャガイモのような野菜に変更したり、
動物性たんぱく質が多ければ量を減らして
大豆類の植物性たんぱく質に変更することで
腸内環境がアップするようになります。

腸内環境をアップさせるためには、
「食べない」より「他の食材に変えたりして量を調整する」方が効果的なのです。

腸内環境改善としらすは関係ありますか?

腸内環境としらすの関係は、
豊富なビタミンBとカルシウムにあります。

アルコール性肝障害になると各種ビタミンが失われますが、
特にビタミンBが大きく失われます。

しらすには腸内環境に必要なビタミンBが大量に含まれており、
正常な状態にもどしてくれます。

またビタミンDも大量に含まれており、
肝硬変の時にビタミンDが不足することから、
予防効果にも期待できます。

しらすは小魚をまるごと食べるので、
多分優れた効果があると思っていましたが
これは凄いですね。

ビタミンKや葉酸が少ないので、
お茶や納豆などを摂取すれば肝硬変の心配がなさそうですね。

それとカルシウムも腸内環境に重要な役割があります。

人の体はカルシウム不足に陥りやすいので、
不足しすぎると細胞壁を傷つけたりしてしまいます。

特に肝臓が弱っているときに細胞壁に傷がつくと、
大量にカルシウムが流れ込み急性による肝臓壊死になってしまうそうです。

このように書くと、

「カルシウムを取らない方が良いんじゃないのか?」

とも思いましたが、
カルシウム不足で肝臓壊死につながるので、
予防のためにカルシウムを摂取した方がいいということです。

腸内環境の健康維持のために、
欠かさずカルシウムを摂取していきましょう。

なお、しらすは静岡でとれる「釜あげしらす」というしらすが
最もふっくらして甘味があり美味しいそうです。