鼻茸の予防方法は?

鼻茸を予防方法は実はまだ正確に解明されておりません。

というのも、鼻茸ができる原因が分かっていないからです。

鼻茸を切除手術をした人にはわかるのかと思いますが、
処方薬はたいていフィキソフェナジン(抗アレルギー薬)、ジェニナック(抗菌薬)、
ナゾネック(ステロイド点鼻薬)、ロキソニン(痛み止め)になりますね。

これらは、なるべく鼻水を出さないようにするための薬なんです。

なんで鼻水を出さないようにするのかというと、
鼻茸は鼻の粘膜が腫れ上がって元に戻らなくなったもので、
鼻水を放出する粘膜が腫れてしまったら再発してしまうからなんです。

粘膜を使わないようにすることで、鼻の粘膜を自然治癒させる。

これが現代の西洋医学の考え方なんですね。

でもこれも対処療法薬なので根本的に鼻茸を治すものではありません。

つまり薬を飲んでいても、

とてつもなくアレルギーを感じやすい人だった場合は再発する

ということなんです。

そもそも鼻の粘膜とは何か?

鼻の粘膜は先ほども書いた通り鼻水を出す場所です。

鼻水は鼻の保温、保湿、外部から侵入してきた雑菌類やゴミをからめ侵入を防ぐ役割があります。

とくに風邪やインフルエンザになると非常事態となるため、
大量の鼻水を放出し、雑菌やウィルスを外に出そうと働きます。

ところが鼻水を大量に出すということは、
鼻の粘膜を使いすぎるということなんですね。

使いすぎれば当然腫れ上がるため、
粘膜が膨張して空気の通り道を塞ぎ鼻づまりを起こしたり、
鼻自体が赤くなるというわけなんです。

基本的に鼻で起きた異変はすべて鼻水で解決しようとするため、
異変が解決できなければ鼻水が止まらなくなるし、
鼻づまりや鼻茸もできるんですね。

アレルギー鼻炎の人は鼻茸になりやすい?

最初にも書いた通り、鼻茸の原因はよくわかっていません。

細菌か?アレルギーか?どちらかが原因なのでは?と言われていますが、
薬をしっかり飲んでいても再発することはあるんですね。

ところが細菌に関しては抗菌薬でなんとかなるにしても、
アレルギー体質は治らないということがあります。

アレルギーを治す特効薬は未だ存在しないため、
如何にしてアレルギーを避けて生活するのかがQOLの向上につながると言われています。

鼻茸の予防に空気清浄機が効果的

鼻茸を作らないために、細菌はともかくアレルギーはどうにもなりません。

そこで空気清浄機を設置されてみてはいかがでしょうか?

僕はダイキンのクリアフォースZ(MCZ70T)を寝室に置いていますが、
他社メーカーでもそれなりに空気清浄はできるかと思いますので、
気に入った商品を選ばれるといいでしょう。

お酒を毎日飲んでしまったために医者からストップされる人がいるように、
四六時中アレルギーが充満したところにいれば当然鼻茸も再発します。

とにかく鼻の粘膜を休ませる時間を作ってやることが大切なのです。

鼻茸と慢性副鼻腔炎の関係は?

鼻を中心に放射状に鼻腔から奥に繋がった空洞のことを「副鼻腔」とよんでおり、
そこに膿や鼻茸などが溜まって周りを圧迫すると、痛みを発生させます。

ある人は頬が痛み、ある人は鼻が痛み、またある人は頭痛や目の痛みを訴えるようになり、
抗菌薬を飲むと改善するようになります。

ただ例外もありまして、薬を飲んでも治らない、
もしくは症状は改善するが、しばらくすると、同じ場所が痛むようになるということを、
「慢性副鼻腔炎」とよんでいます。

慢性副鼻腔炎は、一度副鼻腔炎になった場所に元からいた細菌が、
ヒトの体が弱る風邪などの症状の時に猛威をふるうという潜伏タイプだったり、
あるいは鼻腔に残ってしまった微細なアレルギー物質があるため、
鼻茸が大きくなるということもあるそうです。

そのため、副鼻腔炎に一度かかると同じ場所で再発する方が多く、
急性副鼻腔炎から慢性化するといった事例も非常に多いと言われています。

慢性副鼻腔炎は治らない?

慢性副鼻腔炎は基本的に治療が不可能とされいます。

ガンなどの病気に比べると、死に至る病気ではありませんが、
再発しやすい病気なので難病とも言われています。

昔は、鼻から内視鏡を入れて膿がたまった箇所に穴を空けて膿を出す手術もありましたが、
大半は抗菌薬で治るようになっています。

ただ抗菌薬はクラリスより強い薬は一週間しか処方してくれないということがあり、
副鼻腔炎であまりにも痛くて辛い時に、一週間は良くてもその後はクラリスになってしまうので再発してしまうこともあります。

唯一の手段は、毎週コマメに一度は診察を受けることであり、
症状がひどいのに受診する日を逃してしまうと再発することもあるんですね。

慢性副鼻腔炎の場合、散々薬を飲んだのに治らず現在に至るヒトが多いので、
複数の医師を転々としながら、いつもと違う薬局で処方箋を見せて、
抗菌薬を多く処方してもらうという方法もあります。

その抗菌薬を長く服用して一気に治すことも可能でしょう。

でもこれは健康保険法で薬の量が細かく決められているので、
場合によっては何かしらのペナルティがあるのかもしれません。

薬剤師は健康保険法に基いて薬の量を決めているので、
それ以上の量を処方することはできません。

万が一、患者が勝手な行動を起こすと、
健康保険の適用が出来なくなるのかもしれないので注意した方がいいでしょうね。

鼻茸による好酸球と副鼻腔炎の関係とは?

花粉症かどうかを調べる検査で、「鼻汁好酸球検査」というものがあります。

好酸球はアレルギーに反応して増殖する白血球で、
鼻水に好酸球がたくさんいると花粉症などのアレルギー鼻炎の疑いがあると言われています。

そのため好酸球は体に必要ものなのですが、
あまりにも過剰に反応しすぎてしまい、
副鼻腔に鼻茸を作って圧迫してしまうということがあります。

これを「好酸球性副鼻腔炎」と呼ばれており、
切除手術を行ってもまた生えてくる難病の1つと言われています。

鼻茸を切ってもまた生えてくるのは、
その人のライフスタイルにあるアレルギーを完全に取り除かない限り永遠に続きます。

何度も手術を重ねた結果、
匂いまで分からなくなったということもありますので、
生活環境を見直し、空気清浄機をつけたり、食事に気を使ったりして、
最低限の努力をしながら気をつけていくしか方法がないでしょう。

鼻茸を小さくする薬はあるのか?

鼻炎の薬は、ほぼ全て対処療法薬であり、根本的な鼻茸を小さくする薬は存在しません。

とりあえず好酸球が増殖しているようならアレルギーに関する病気の疑いが高いので、
ステロイド系の点鼻薬やタブレットが有効かと思われます。

好酸球に関連した小さい鼻茸なら反応してくれますが、投与を止めれば再発するので、
結局はその場しのぎかカロナールやロキソニンに便るしかなくなるでしょうね。

好酸球が増殖しているということは、アレルギーに反応しやすい体質なので、
アレルギーになりにくい生活や食事を繰り返せば再発しにくくなるのかもしれません。

アレルギー体質を治す方法

僕たちの体には、ヘルパーT細胞という白血球がいます。

この白血球は外部から体に侵入した物質をどうするか決める役割があり、
敵や毒と認定してしまうと大量の抗体を作って攻撃をするようになります。

ヘルパーT細胞には「T1(病原菌担当)」「T2(アレルギー担当)」の2つがあり、
一部が多くなるともう片方は小さくなるという性質があります。

昨今、アレルギー患者が多く、アナフィラキシーショックで倒れたりする人のほとんどは、
ヘルパーT2が多くヘルパーT1が少ないためと言われており、
これが花粉症やアレルギー鼻炎にも関連していくというわけなんですね。

アレルギーは一度かかってしまうと治すことができないとはいえ、
アレルギーに反応しすぎる人とそうでない人に大きく分類されます。

その理由としてヘルパーT2細胞の量だと言われています。

そこでT2を減らしつつT1が増えていけば、アレルギーそのものを治せなくても、
反応しすぎないために鼻茸も再発しにくくなるというわけです。

アレルギー体質を改善させる食事

まず日々の食事には気を使った方がいいでしょうね。

トウガラシ、トマト、ナスなどのナス科の植物にはアレルギー体質になりやすいと言われています。

トウガラシやトマトは元々料理の食材として使われたのは現代になってからなので、
意外と歴史の浅い食材なんですね。

つぎに、シソの葉を多く食べる事。

シソにはルテリオンという物質があり、アレルギー体質でバランスを崩した状態を元に戻す力があります。

たくさん食べれば良いのか?というものではなく、
毎日2~3枚づつ摂取するのが理想だと言われています。

このように現代の生活環境では、
アレルギーになりやすい食生活が多いとも言われていますので、
色々と調べていけば鼻茸はもちろん、鼻水の量も減るのかもしれません。

鼻茸による蓄膿症の薬とは?

鼻茸ができることは、細菌なのかアレルギーなのかにもよりますが、
まず抗菌薬が必須になります。

一般的に処方されているクラリスロマイシンは抗菌作用はほとんどありません。

元々、クラリスロマイシンは別の目的で作られたようですが、
最近では抗菌薬の代表格であり副作用が少ないことなどから、
「医師の側では処方がしやすい薬」となっています。

ジェニナックやレボフロキサシンなどの強い薬からこの薬に変わった時は、

「ほぼ完治しているようだが、とりあえずクラリスを飲ませて様子を見よう。」

という考え方があるようです。

クラリスロマイシンは弱い薬ですが、昔にあったエリスロマイシンよりも抗菌作用が優れており、
なおかつ副作用が少ないということから使いやすいんですね。

蓄膿症の薬でも完治しないことも?

レントゲンやCTで確認しても明らかな蓄膿症であっても、
薬では完治しないこともあります。

その理由として、「鼻茸」があるということもあります。

鼻茸とは、鼻の粘膜が肥大しておきるキノコみたいなデキモノで、
小さいものであれば薬で治ってしまいますが、
大きくなってしまうと薬ではどうにもならなくなってしまい、
切除するしか方法がなくなってしまいます。

切除するにも日帰りではなく、全身麻酔の内視鏡での切除になるため、
高額な手術になるので「高額療養費制度」を適用しても10万円前後は必ずかかると思っていてくださいね。

高額療養費制度が適用できない場合、3割負担でも50万円前後は絶対にかかるので、
鼻茸があったら切除するにはそれぐらいかかるものだと思ってください。

まずは、すぐに診断書を書いてくれる医師に相談するべき。

自己流で治そうと思って治す方なら、クラリスや辛夷清肺湯(チクナイン)でも治るかと思いますが、
医師でも蓄膿症による根本的な痛みの原因はよく分かりません。

とりあえず、副鼻腔にたまった膿を取り出せばなんとかなるのかと思っているようですが、
副鼻腔にたまっているのが膿ではなく腫れ物である場合は早急な手術をオススメします。

こういった診断ができる医師は、「地域の町医者」ではほとんどいないので、

「薬を言われた通り飲んでいても完治しない。」

という場合で2週間ぐらい経過している場合は、明らかに何かしらおかしいので、
他の医師にかかることをオススメします。

他の医師でも最初は似たようのな薬を処方しますが、

「前にもこういうことがあった。こういう薬を飲んでいたけど治らなかった。」

と説明すれば、大きい病院に行かなければいけないほど重症であることが伝わると思います。

薬というものは、せいぜい1週間も飲めばそれなりの成果はだします。

それでも効果が無かった場合は明らかに何かが違っているので、
違う策を考えた方がいいでしょうね。

国の決まりにもよりますが、抗菌薬を一週間投与しても効果が無かった場合は違う原因です。

それがアレルギーなのか、腫れ物なのかは分かりませんが、
薬で治すにも限界があるということです。

鼻茸と中耳炎の関係は?

鼻は厄介な器官で、鼻、耳、ノド、目と、
いろんなものとつながっています。

テレビで「煙を目や耳から出す」という特技をやる人がいるのも、
僕たちの体が色んなものとつながっていることがわかりますね。

それで鼻の病気は耳にもつながることもあるので気をつけた方がいいということです。

まず一般的によく言われているのが、
鼻うがいをして逆流して耳に水が入り、その後中耳炎になったということ、
痰が絡みすぎたせいかノドが膨れ上がる(アデノイド)という病気があります。

アデノイドは子供でもかかる病気ですが、成人がかかることはそうありません。

逆に中耳炎の方がよくあるので注意してくださいね。

中耳炎は鼓膜の裏側に細菌が入り込み、
そこから炎症を起こす病気です。

痛みが酷くなると、とても正常でいられないほど辛いものです。

まともに勉強や仕事にうちこめるようなものではなく、
耳だけではなく頭痛も引き起こすので、
子供だけではなく大人でもたえられるものではありません。

基本的に切開して膿をだして、その後は再発しないように長期間薬を飲むというものになります。

でも耳の奥に膿がたまるということは、
鼻から通ったものにも原因があるということです。

なんで耳の奥に膿がたまるのか?

鼻の穴の奥は、耳につながっています。

最初にもお話した通り煙が出るように、鼻から入れたものが逆流して耳にいくことがあるということです。

とくに鼻をスッキリさせたいと思い、頻繁に鼻うがいをやる方がいますが、
水を入れた時、鼻をかむ時に逆流して耳にたまることがあります。

水は鼓膜裏側にたまりやすく、ここに細菌が繁殖し、白血球が増加すると、
細菌と白血球の戦争がはじまり膿がたまっていくということなんですね。

基本的に鼻に入れないようなものを入れない限り、こんなことにはならないのですが、
鼻うがいのように即効性が高くスッキリするものは大抵の人がやっているので注意したほうがいいのかもしれませんね。

鼻茸ができる原因とは?

鼻茸ができる原因はとくにこれだと決まっているわけではありませんが、
アレルギーに関する病気や、細菌やウィルスによる感染で膿が肥大して大きくなると言われています。

まずアレルギーの場合ですが、
「粘膜の腫れ」というものが鼻茸の原因になります。

内視鏡カメラでエノキのようなピロピロしたものが写ったものが鼻茸ですね。

これはアレルギー物質に反応して粘膜が肥大することでできた鼻茸です。

粘膜は鼻水を放出するための器官で、
保温、保湿を保ったり、
外部から侵入してきた毒や細菌類を鼻水で流しだす役割があります。

どちらにしても全て鼻水で解決しようとするため、
花粉のような季節限定のアレルギー鼻炎になると頻繁に鼻水を放出し、
赤く腫れ上がってしまいます。

鼻をかんで赤くなるのは外見のみではなく、
鼻水を放出していた粘膜も腫れ上がるようになります。

この時に空気の通り道を塞いでしまう病気を「鼻づまり」といい、
耳鼻咽喉科で点鼻薬を処方されます。

軽い鼻づまりであれば、ドラッグストアでも売られている点鼻薬でも簡単に治すことはできますが、
使いすぎると、薬で押さえつけられていた粘膜がゴムのような反動でさらに膨れ上がり、
巨大化してしまい点鼻薬では治らなくなってしまいます。

医師から処方されるステロイド点鼻薬であればそういった心配はありませんが、
薬局やドラッグストアで売られている血管収縮点鼻薬はそういった危険がありますので、
軽い鼻づまりでも耳鼻咽喉科にかかられることをおすすめします。

細菌類による鼻茸はどんなもの?

逆に細菌類やウィルスに感染して鼻茸になる場合もあります。

蓄膿症のように、副鼻腔に細菌が発生し、白血球との戦いを繰り広げた結果、
黄色い(黄緑の場合も)膿を発生させます。

この黄色い膿は、細菌類や白血球の死骸なので、
出来る限り鼻をかんで外に出した方がいいですね。

出しきれない鼻水は、水に弱い特性があるため、
鼻うがいで一度ふやかしてから放出してやれば簡単に取り除くことができます。

鼻うがいは早く鼻をスッキリさせるためには有効な手段ですが、
汚い水を使うとさらに病状を悪化させてしまうこともあります。

アレルギー体質でなければ鼻うがい用の薬用水も売られているので、
どうしても鼻がスッキリしなければそちらを試してみるのもいいでしょう。

一般的な予防策としてはこんなところですが、
元々体が弱かったり、フケツな環境に長くいることで、
鼻うがいでは取り除けないような膿を発生させることがあります。

膿も放置しておけば徐々に大きくなるので、
これが鼻茸になるんですね。

鼻茸の予防策は?

基本的に鼻に変なものを入れない、
汚い空気を吸わない、
アレルギーを避ける努力をする。

そのためには空気清浄機を設置することが効果的でしょう。

また、薬を飲み続けることは決して良いとは思いませんが、
花粉症であれば季節の時ぐらいは避けるように薬を使うことも検討しましょう。

鼻茸や蓄膿症に効く漢方は?

蓄膿症に効く漢方薬の代表格として、辛夷清肺湯という漢方薬があります。

この漢方薬は9種類の生薬をまぜることで蓄膿症に効果的とされており、
ドラッグストアで売られているチクナインも中身は辛夷清肺湯だと言われています。

それで実際に効果があるのかというと、これに関しては「絶対」ということはなく、
むしろ効果が無かったという方が多いという声もあるそうですね。

なぜ辛夷清肺湯が蓄膿症に効果がないのか?

チクナインもそうですが、基本的に医薬品として定められたものではありません。

その分、副作用はあまりなく(ほぼ無し)使いやすいというメリットがあります。

初期症状であるクシャミ、鼻づまり程度の蓄膿症であれば改善する可能性は非常に高くても、
鼻茸ができるレベルになってしまうと、ほぼお手上げといった感じでしょうか。

たしかに効果があるし、ウソではないというものであれば、
詐欺ではありませんし副作用が無いから売りやすいから、よく目にするかと思います。

他に鼻の病気に効く薬は?

漢方薬は人の体調や顔色などで判断して処方する薬です。

ある人に効果的であっても必ずしもご自分に効果があるのかというと、
そうでもありません。

とりあえず代表的な漢方薬を紹介しますので、気になったら試してみてくださいね。

・小青竜湯
風邪や鼻炎によく効く漢方薬です。

西洋医学からみても抗生物質より効果的なのでは?と評価が高く、
ドラッグストアで簡単に手に入ります。

・半夏厚朴湯
「半夏」と「厚朴」の二種類の生薬は、
痰を除去してくれる効果があります。

体力が普通の人より少し弱い方に効果があります。

・葛根湯加川きゅう辛夷
鼻炎によく効く様々な生薬をブレンドした漢方薬です。

副鼻腔炎、鼻づまり、慢性鼻炎によく効きます。

胃腸が弱い人は注意。
体力が弱い人や多汗症の人には不向きだと言われています。

中でも葛根湯加川きゅう辛夷が、
ノドに何か張り付いたような違和感がなく、
痰を吐く回数が減ったので、「効いているんだな!」
という気持ちがありました。

ただ問題なのは、鼻茸に効果的な漢方はあったのか?というと、
これに関してはまったくみつかりませんでした。

鼻茸に関しては、切除手術をやるのが当たり前のようですね。

本来ならば、処方してもらう方がいい!

漢方薬は、その人の体格や表情、顔色によって処方するお薬なので、
同じ薬を大量生産する西洋医学の薬とは少し違います。

そのため、一般的にドラッグストアで売られている薬は、
処方してもらう薬に比べて少し弱めに設定されていることもあります。

その理由としては、法的なものもありますが、
なによりも副作用を起こさないようにしているというのが1番にあるのでしょう。

ご自分に合う薬なら、既製品とは比べ物にならないぐらいの効果が望めるのかもしれません。

そういう意味では処方してもらう方が正しいでしょうね。

ただ、アレルギー改善は基本的に漢方ではどうにもなりませんので、
違う方法を試した方がいいでしょう。

鼻茸による頭痛とはどんなもの?

人の鼻の奥には放射状に空洞があり、この空洞を「副鼻腔」と呼んでいます。

副鼻腔は他の動物には無いのですが、
サルや人など大きな大脳をもつ生き物ほど、
この副鼻腔があるということがわかっています。

そのため、大脳を守るためのクッションの役割なのでは?ということも言われているのですが、
実際にこの副鼻腔がなぜあるのかがよくわかっていません。

それで、この副鼻腔に膿がたまって膨らむと、
痛みが酷くなり、とても耐えられないぐらいの重い痛みが続くようになります。

時と場合により、痛みが和らぐこともありますが、
中の膿を取り出さないかぎり何度でも痛むようになります。

これを一般的に副鼻腔炎や蓄膿症と呼ばれています。

鼻茸の場合この副鼻腔の痛みが一層酷くなったもので、
耳鼻咽喉科にかかると、まず最初は薬物治療を勧められます。

3~4ヶ月経っても症状が改善しない場合、

「紹介状書くから、手術してみませんか?」

と言われます。

実際どれくらい痛いのか?

まず仕事や勉強に集中できないくらいに痛く、
人にもよるかと思いますが冷や汗が出てくるぐらいの「ズモーン」とした重い痛みが続くようになります。

一度寝て起きると改善することもありますが、
鼻茸が取れたわけではないので、また痛みが再発します。

痛みを和らげるために漢方薬や抗菌薬、点鼻薬はまずききません。

唯一、ロキソニンやカロナールという痛みを和らげる薬が効果あります。

でもどちらも対処療法薬なので効果が無くなれば、また痛みが襲われるようになります。

鼻茸を治す方法は?

鼻茸は膿の塊なのか、粘膜が膨らんだ物なのかにより、そのもの自体が違うため、
場合によっては薬で治ってしまうことがあります。

とくに膿の塊の場合、長期的に薬を服用した結果、症状が改善したという話はありますね。

ただ問題なのは粘膜が膨らんだ方で、
一度膨らんでしまった粘膜は元にもどりません。

そのため手術して治すという選択を選ぶ方が多いですね。

ぼくもロキソニンやカロナール、ハーブや鼻うがいなどの民間療法などを試しましたが、
改善することなくいつまでも痛いままでした。

結局選択肢が無くなってしまい、手術を選んだのですが、

「術後、しばらくしたら再発する可能性もあります。」

とも言われました。

鼻茸を取るには、薬でなんとかならなければ手術しかないのですが、
再発しないためにはもう1つ何かしなければいけないということなんですね。

鼻茸の手術はどれくらいお金がかかるのか?

鼻茸を切除手術する場合、場所にもよりますが、
僕の場合は蓄膿症から発展した鼻茸であり、
右目の上あたりにある副鼻腔にできた鼻茸が大きくなって圧迫して痛みが強くなるという病気でした。

しかも、成長の過程で鼻が曲がっており、
呼吸はできるけど手術的にはジャマだったのでついでに治しておこうという、
鼻茸切除、鼻注湾曲症の治療と2つの手術を同時に行うというものでした。

この時にかかった費用がおよそ70万円程度。

安月給サラリーマン家庭ではとうてい払える手術代ではありませんでしたが、
「高額療養費制度」というものを使うことで実質8万円ほどに抑えることができました。

ところが本来8万円で済む手術代が、
合計で11万円ほどかかってしまいました。

なぜ11万円になったのか?

高額療養費制度を適用しているにもかかわらず、なぜ11万円もかかったのかというと、
僕が手術した日が4月26日で、その後1週間ほど入院となりました。

あとで分かったのですが、病院の会計は月ごとで計算されてしまうため、
手術をした月は高額療養費制度が適用できるけど、
翌月までまたいで入院した分は自己負担になってしまったのです。

退院した日が5月3日なので、5月1~3日までの入院費と診察台で約3万円ほどかかってしまい、

「生活が苦しいので、4月分でまとめて計算してくれませんか?」

とお願いしても聞いてもらえませんでした。

鼻茸の手術は、自分である程度日程が決められるので、
月をまたがないようにした方が手術費用を安く抑えられるということです。

術後、出血がひどく、しばらく鼻栓をすることになるので、
どうやっても1週間ほど入院しますからよく考えて日程調整した方がいいのかもしれませんね。

他に何が必要?

手術をするにあたり、基本的に根巻きやら暇つぶし道具やら色々必要になりますが、
その後定期的に術後の診察を受けることになります。

初めは手術をした病院に2週間に一回程度、これが1ヶ月に一回、
最終的には近くの診療所(地元の耳鼻咽喉科)に通うことになります。

鼻茸は再発しやすい病気なので、けっこうダラダラと診察が多いですが、
また痛くなったり生活ができないぐらい苦しい思いをするのなら、
これぐらいはやった方がいいでしょうね。

診察代や薬代はおおよそ月に5000円程度。

これは保険で出してくれないところもあるので、
注意してくださいね。

最終的に行かなくてよくなるまでに半年ぐらいまでかかるかと思います。

鼻茸と好酸球性副鼻腔炎の関係とは?

好酸球性副鼻腔炎とは、鼻の中で大きな鼻茸ができてしまい、
手術しても再発してしまうという難病の1つと言われています。

一般的に抗菌薬や抗アレルギー薬、ステロイド点鼻薬を使うと一時的に症状が改善することがありますが、
長期的に薬を服用することは危険なので、服用を中止したときにまた大きくなってしまうことがあると言われています。

副鼻腔炎(蓄膿症)は副鼻腔に細菌が集まって膿を作り出す病気なのですが、
好酸球(白血球)はアレルギーにも反応します。

花粉症などのアレルギー鼻炎で鼻汁好酸球検査で鼻水にどれくらい好酸球が含まれているか検査するのも、
そういう意味があるからなんですね。

抗菌薬を飲んでも再発してしまう鼻茸の場合は、後者である場合が多く、
何度も手術をした結果、匂いがわからなくなってしまったという方もいらっしゃいます。

好酸球性副鼻腔炎は治らないのか?

現在、ナゾネックスやアラミストような点鼻薬や、ジェニナックやクラリスのような抗菌薬であっても、
どれも対処療法薬(一時的に症状を和らげる)しかなく、長期的に服用することはできません。

元々アレルギー体質がいなかったにもかかわらず年々増加しているのは、
生活習慣を見直せば症状が改善するのかもしれません。

その中でも現代の生活において、
病原菌よりももっと怖いのが、排気ガスや食生活にあります。

これらを完全に避けて生活できれば鼻茸の再発も避けられるのかと思いますが中々難しいかもしれませんね。

ただ、アレルギー体質の人の場合、白血球の1つであるヘルパーT細胞の量がアンバランスだということがわかっています。

ヘルパーT細胞は外部から入ってきたものを外に出すのか、中に取り込むのか判断する細胞で、
体に害を与えるものと判断された場合、これを追い出そうとしたり、抗体を作って攻撃をします。

アレルギーの場合は中に毒物もありますが、食材や本来体に必要なものにもかかわらず、
攻撃したりしてアナフィラキシーショックを起こして生命の危険にさらされることもあります。

その原因となるのがヘルパーT細胞の量なんですね。

またヘルパーT細胞は病原菌担当(T1)アレルギー担当(T2)に別れており、
どちらかが増えると、片方が減ってしまうという特徴があります。

たまに鼻の病気の本やサイトを読むと、
「T1」「T2」という細胞がシーソーのようなバランスを保っていて、
T2が増えすぎた結果、アレルギーに敏感になり病気になりやすいという話がありますがあのことなんですね。

増えすぎたT2細胞を抑える方法がある

元々僕たちの体内には、アシドフィルス菌という乳酸菌いて、
増えすぎたT2細胞をアポトーシス(自然死)させる力があります。

ところがアシドフィルス菌は常在菌であるにもかかわらず、
年々体内で減少していきいます。

また食材で摂取しようとしてもアシドフィルス菌が含まれた食材はほぼ無いに等しいので、
基本的に乳酸菌サプリで体調を整えるのがもっとも有効とされています。

各企業で効果の高いサプリがいくつか販売されているので、
もしかしたら治るのかもしれませんね。