腸内環境改善とアーティチョークは関係ありますか?

腸内環境とアーティチョークの関係は、
コレステロール値を正常にする働きにあります。

この働きにより、腸内環境を高め、
血液の浄化、胃もたれの解消に効果があります。

コレステロール値を正常にする有効成分は
シナリンというものになります。

あまり聞きなれない成分名で
現在この成分が含まれている野菜は
アーティチョークだけのようです。

他にもカルシウムやカリウム、
マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので、
是非とりいれたい野菜の1つになります。

アーティチョークはあまり聞きなれない野菜ですが、
ヨーロッパでは有名な野菜で、
古くから腸内環境を強化する野菜として親しまれており、
春を告げる野菜と言われています。

収穫時期は5~6月ごろ。

ゆで方は、まず逆さにして1時間ほど塩水につけ汚れをとります。
次に深い鍋にうつして塩と酢を加え30分ほどゆでます。

ここで食べれる部分ですが、
あの花びらような部分は食べれません。

真ん中の白いところしか食べれないので、
見た目とは違いほとんど捨ててしまいます。

味はゆでるとユリ根やたらのめに似た
ほのかな甘みとホクホクした触感が楽しめます。

ポトフのような煮込み系やサラダ、
タケノコやレンコンなどと一緒に
煮ものにしても美味しく食べられます。

腸内環境改善とキャベツは関係ありますか?

腸内環境とキャベツの関係は、
ビタミンUとKの効果にあります。

このビタミンUとKには胃炎や胃潰瘍に対して効果があり、
あさりやシジミ、レバーなどと一緒に食べると、
腸内環境を強化することができるという、
まさに腸内環境には申し分のない野菜です。

またキャベツはカロテンが豊富で、
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

ビタミンKは傷ついた部分を止血する効果、
ビタミンUは胃酸の分泌を抑え粘膜の修復を助ける効果があり、
この2つが合わさることにより、腸内環境と胃腸が
2倍にも3倍改善できる効果があります。

基本的に千切りにして食べる方法が主ですが、
生で食べるとそれだけでお腹がいっぱいになってしまいます。

蒸してポン酢や他の食材とくるめば、
無理なく食べられる上、栄養素も壊れません。

逆に水にさらしてシャキシャキした食感を楽しみたい場合、
短時間なら水を吸うだけなので栄養素が流れてしまう心配はありません。

基本的に年中食べられる野菜ですが、
春に収穫できる春キャベツは、やわらかく甘みがあり、
ピザ、ロールキャベツ、ポトフ、チャーハンなど、
あらゆる料理に効果を発揮します。

またレモンやミカンなどの柑橘類と合わせて食べると、
動脈硬化予防、血行促進に効果あり、
腸内環境ためには常備しておきたい野菜の1つです。

腸内環境改善とアボカドは関係ありますか?

腸内環境とアボカドの関係は、
血液サラサラにする不飽和脂肪酸が多いため、
腸内環境を適正に保つ力があります。

またビタミンB1、B2、Eなどが豊富に含まれており、
高血圧、脳梗塞、ガンの予防にも効果的です。

カロリーがきわめて高いですが、
コレステロールを減らす力もあるので、
脂肪肝を増やしてしまった場合には力になる食材です。

揚げ物や炭水化物を食べるよりも、
ダイエットにも効果的なので上手く利用しましょう。

アボカドはフルーツに分類されますが、
そのまま食べても味のない油の塊を食べているようで
美味しいものではありません。

しかしオカズの1つとして、
塩をかけてパンにはさんだり、
ワサビ醤油でごはんの友にしたりと
野菜感覚で食べると本当においしい食材です。

アボカドの見分け方は
熟すると緑から黒になっていきますので黒い方がおいしいですが、
冷蔵庫でせいぜい2~3日程度しかもちません。

質が悪くなると果肉が黒ずむようになり、
皮も浮いたような感じになります。

こうなってしまうと活性化酸素が増えて、
本来ある抗ガン、老化防止の力も逆に働いてしまい、
腸内環境

買いだめするよりも
当日使うことを前提で買われることをおすすめします。