腸内環境改善と牛乳は関係ありますか?

腸内環境と牛乳の関係は、
たんぱく質と脂肪分にあります。

一般的に牛乳は健康食品の代名詞ですが、
たんぱく質と脂肪分が著しく高く、
体内に入ったときに肝臓に負担をかけすぎてしまいます。

では他の栄養素はどうなのか?と言いますと、
とくに日本で販売されている牛乳に関しては
ほとんど栄養がないと噂されています。

それにはホモジナイズと高温殺菌にあります。

ホモジナイズは牛乳をまろやかにするために
脂肪球を粉々にする作業を言いますが、
この時に酸素と結びつき酸化を進めてしまいます。

牛乳が酸化すると活性化酸素が増えて
ガンの発生確率がアップします。

それから高温殺菌は悪い菌を殺すだけではなく、
熱に弱いビタミンや酵素をことごとく破壊します。

この理論はネットや書籍では賛否両論に別れており、
調べれば調べるほど謎に包まれていきます。

ただ、日本に訪れた外国人が「日本の牛乳がまずいよ!」と言っていたり、
牛乳を飲むと下痢を起こす人もいることから、
牛乳の処理方法を見直した方がいいのでは?という声もあります。

日本人はもともと牛乳とは無縁の生活をしていました。

牛乳が腸内環境に良いのかどうか分からないとするのなら、
飲まずに生活するのも1つの選択肢かもしれません。

腸内環境改善とらっきょうは関係ありますか?

腸内環境とらっきょうの関係は、
硫化アリルにあります。

硫化アリルはたまねぎにふくまれている成分で、
独特のにおいと辛さが特徴の野菜に多いのが特徴です。

効果は疲労回復、ビタミンB1の吸収を促進して新陳代謝の活性化、
血液サラサラ効果など、基本的にはたまねぎと同じような成分です。

唯一たまねぎと違うところは見かけによらず食物繊維が豊富で、
たまねぎの13~15倍、ごぼうの3~4倍もあるというところです。

中華料理、台湾料理、タイ料理などでは
普段の料理に刻んで炒めて使うことが多く、
原産地の中国では古くから精力剤の1つとして愛されてきました。

時期は6~8月ごろ。

生命力の強い野菜なので放置しておくと
どんどん芽が伸びるので、購入したら早めに調理しましょう。

一般的には栄養素がそのままとれる漬物が効果的です。

漬物ならなんでも良いです。

味噌漬け、浅漬け、酢漬け、ぬか漬けなど、
なんでも美味しくつかります。

お勧めは沖縄産の島らっきょうで、
形がエシャロットに似たらっきょうです。

ほどよい辛みと風味があり、アルコール分解効果がアップするため、
お酒を大量に飲むときに食べると二日酔いになりにくくなると言われています。

腸内環境を高めるためには
たまねぎよりもお勧めな食材かもしれません。

腸内環境改善とたまねぎは関係ありますか?

腸内環境とたまねぎの関係は、
硫化アリルにあります。

独特なにおいと辛さの原因となる硫化アリルですが、
体内に入ると優れた効果を発揮します。

たとえばネズミに長期間に渡り硫化アリルを投与すると、
腸内環境の解毒作用を補助する効果あることがわかり、
これを薬にできないかと研究が進められているそうです。

疲労回復効果、新陳代謝の活性化、血液サラサラの効果、
抗菌作用などなど、硫化アリルとは聞いたことがない成分ですが、
優れた効果があるんですね。

これだけ優れた効果がある硫化アリルですが、
加熱すると成分が変化してしまうので、
たまねぎ効果を期待するなら生食が一番いいでしょう。

また水にさらすと各種ミネラルや
硫化アリルが溶けて流れ出してしまいます。

さらすのも適度に。

たまねぎは年中野菜コーナーに陳列している野菜ですが、
時期は4~5月ごろ。

このころに収穫されるたまねぎは、
最も甘味がありやわらかく、
「新たまねぎ」と呼ばれています。

他にも同じ時期に出回る「サラダたまねぎ」も、
辛みが少なく生食に向いています。

他にもあさりやしじみをバターで炒めて、
薄く刻んだ生たまねぎをふりかければ、
硫化アリルを摂取しながら腸内環境も強化できるオカズにもなります。

腸内環境改善と食用たんぽぽは関係ありますか?

腸内環境と食用たんぽぽの関係は、
利尿作用や抗菌作用などの薬効成分が高いところにあります。

別名「ダンデリオン」とも言われ、
ハーブの一種としても愛されています。

食用たんぽぽにはカリウムが豊富に含まれており、
苦みの成分は腸内環境の改善、抗菌作用、整腸作用、
貧血の改善などに効果あります。

時期は3~4月のやはり春先で、
日本とヨーロッパで栽培されています。

保存方法は湿らせたクッキングペーパーに包み1~2日程度。

味はほのかな苦みが特徴ですが、
食用に栽培された食用たんぽぽは、
アクや苦みが少なく、生のままでも食べられます。

そのためサラダにして食べる方法が一般的ですが、
天ぷらにしても美味しく食べることが出来ます。

また春菊と同様、すき焼きやなべ物にしても美味しく食べられます。

熱を通すとビタミンや酵素などの一部の栄養素が壊れてしまいますが、
カリウムや鉄分などのミネラルはそのまま残りますので、
全く体に効果ないというわけではありません。

また、根を刻んだものを焙煎して、
「たんぽぽコーヒー」を作ることも出来ます。

たんぽぽコーヒーはヨーロッパでは古くから愛されている健康飲料で、
ノンカフェインであるため、妊娠中や授乳中、自然派志向の方に愛されています。

腸内環境改善ととうもろこしは関係ありますか?

腸内環境ととうもろこしの関係は、
豊富なアミノ酸にあります。

特にアラニンとグルタミンというアミノ酸は、
腸内環境の強化する力があり、
この2つのアミノ酸がとうもろこしに豊富に含まれています。

この2つのアミノ酸はアルコールを分解するために消費され、
二日酔いに改善効果ありとされています。

同じようにあさりやしじみにも豊富に含まれているので、
アルコール分解に効果的だということなんですね。

とうもろこしは米と麦と同じように世界的に食されている食品で、
一般的にはそのまま茹でて食べるイメージが強いですが、
パン、コーンフレーク、お菓子、お酒など、
あらゆる食品に変化させることができます。

とうもろこしは米や麦に比べものにならないぐらいに、
ビタミンB1、B2、E、カリウム、亜鉛、鉄などが豊富に含まれており、
栄養素は穀物の中ではとびぬけて高いです。

また即効性の疲労回復効果があるアスパラギン酸もあるところも見逃せません。

とうもろこしは米や麦より主食としている国も多く、
亜熱帯地方では家の屋根につるさげ天日干しにして
保存している家もあります。

現在世界各国でとうもろこしは、
家畜のえさとして70%ぐらい、工業用に25%ぐらい、
食用としてはたったの5%程度しか生産されていません。

腸内環境改善と枝豆は関係ありますか?

腸内環境と枝豆の関係は、
良質なたんぱく質が摂取できるところにあります。

枝豆は大豆と同じような栄養素があり、
特に注目するべき点はメチオンという
アルコールを分解を促進する成分にあります。

この成分がうまく働くことにより、
腸内環境が強化され酔いにくくなるということです。

居酒屋にいくと必ず、

「とりあえず生と、枝豆!」

と言う人がいるように、この行動は間違いでは無かったのですね。

さてこの枝豆ですが、
「葉酸」という成分が豊富に含まれているところもあります。

「葉酸」というとあまり聞きなれない言葉ですが、
腸内環境の再生効果があり、レバーにたくさん含まれている栄養素です。

古来中国では

「体の悪い箇所あれば、動物と同じ個所を食べれば健康になる。」

という言葉があります。

それぐらい葉酸は腸内環境には欠かせない栄養素なんですね。

また葉酸には貧血予防効果、体の発育増強、子宮頸ガンの予防効果があり、
腸内環境だけではなく生きていくには必要な栄養素であることが分かります。

枝豆が美味しい時期は7~9月の暑い時期、
主に新潟や山形などで栽培されています。

中でも10月ごろ収穫できる兵庫県の「丹波黒大豆」は
枝豆の中でも高級食材とされており、
色が少し黒く大粒で甘味があり非常に人気が高いです。

腸内環境改善とアイスプラントは関係ありますか?

腸内環境とアイスプラントの関係は、
ミオイシトールとピニトールという成分にあります。

これら成分は中性脂肪を減らす役割があり、
コレステロールを低下させることができます。

特にピニトールは肝臓・肝能障害を改善する効果があり、
腸内環境でお困りの方にはうってつけの野菜です。

他にも体内にある酵素活性かさせる効果もあり、
ダイエット効果、便秘改善、むくみ取り、
肝臓と腎臓から老廃物を排除させるなど、
あまり見慣れない野菜ですが優れた栄養素があるんですね。

この野菜は別名「シオーナ」「クリスタルリーフ」などその数は多く、
日本に入ってまだ認知度が浅いためか場所や人により呼び方が違います。

原産地は南アフリカですが、
日本全国で栽培されていることもあり、
大抵野菜コーナーに年がら年中、陳列されています。

食感はやわらかく、
野菜本来のシャキシャキするようなイメージとは全然違いますが、
独特な味と食感はファンになります。

また多肉植物と同じように簡単に自宅で栽培できるので、
たくさん栽培して食べるということも可能です。

ただしアイスプラントは砂漠のような乾燥した場所には強い植物ですが、
熱帯雨林のような湿気が多い場所を嫌います。

アイスプラントを栽培する際は、
水のやりすぎに注意しましょう。

腸内環境改善とアセロラは関係ありますか?

腸内環境とアセロラの関係は、
レモンの10倍以上のビタミンCにあります。

またポリフェノールも豊富に含まれており、
活性化酸素を抑え、老化予防にも効果があります。

ビタミンCは普段生活していても不足することはありませんが、
コラーゲンの生成、メラニン色素の生成を抑えたりする美肌効果はもちろん、
免疫力の強化や抗ガン作用にも期待ができます。

またビタミンCは運動、喫煙、飲酒など、
体に負荷がかかる生活習慣つづけていると急激に減少します。

ビタミンCが減少すると体が疲れやすくなり、
腸内環境にも負担がかかりやすくなります。

そういう意味ではやはりビタミンCも軽視できません。

原産地は熱帯アメリカで古くから疲労回復の王様として親しまれていました。

日本に入ってきたのは1960年ごろと比較的新しく、
主に沖縄で栽培されています。

この果実には酸味種と甘味種の2種類があり、
酸味種はとにかくすっぱく、そのままでは食べれませんが、
ビタミンCが大量に含まれています。

一方甘味種はその名の通り果実が甘く
生で食べてもおいしく食べられます。

旬は5~10月ごろ。

長期間収穫できる果実ですが、
冷蔵庫で3~4日程度しかもたないので、
手に入れたら早めに食べることをお勧めします。

腸内環境改善とアーティチョークは関係ありますか?

腸内環境とアーティチョークの関係は、
コレステロール値を正常にする働きにあります。

この働きにより、腸内環境を高め、
血液の浄化、胃もたれの解消に効果があります。

コレステロール値を正常にする有効成分は
シナリンというものになります。

あまり聞きなれない成分名で
現在この成分が含まれている野菜は
アーティチョークだけのようです。

他にもカルシウムやカリウム、
マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので、
是非とりいれたい野菜の1つになります。

アーティチョークはあまり聞きなれない野菜ですが、
ヨーロッパでは有名な野菜で、
古くから腸内環境を強化する野菜として親しまれており、
春を告げる野菜と言われています。

収穫時期は5~6月ごろ。

ゆで方は、まず逆さにして1時間ほど塩水につけ汚れをとります。
次に深い鍋にうつして塩と酢を加え30分ほどゆでます。

ここで食べれる部分ですが、
あの花びらような部分は食べれません。

真ん中の白いところしか食べれないので、
見た目とは違いほとんど捨ててしまいます。

味はゆでるとユリ根やたらのめに似た
ほのかな甘みとホクホクした触感が楽しめます。

ポトフのような煮込み系やサラダ、
タケノコやレンコンなどと一緒に
煮ものにしても美味しく食べられます。

腸内環境改善とキャベツは関係ありますか?

腸内環境とキャベツの関係は、
ビタミンUとKの効果にあります。

このビタミンUとKには胃炎や胃潰瘍に対して効果があり、
あさりやシジミ、レバーなどと一緒に食べると、
腸内環境を強化することができるという、
まさに腸内環境には申し分のない野菜です。

またキャベツはカロテンが豊富で、
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

ビタミンKは傷ついた部分を止血する効果、
ビタミンUは胃酸の分泌を抑え粘膜の修復を助ける効果があり、
この2つが合わさることにより、腸内環境と胃腸が
2倍にも3倍改善できる効果があります。

基本的に千切りにして食べる方法が主ですが、
生で食べるとそれだけでお腹がいっぱいになってしまいます。

蒸してポン酢や他の食材とくるめば、
無理なく食べられる上、栄養素も壊れません。

逆に水にさらしてシャキシャキした食感を楽しみたい場合、
短時間なら水を吸うだけなので栄養素が流れてしまう心配はありません。

基本的に年中食べられる野菜ですが、
春に収穫できる春キャベツは、やわらかく甘みがあり、
ピザ、ロールキャベツ、ポトフ、チャーハンなど、
あらゆる料理に効果を発揮します。

またレモンやミカンなどの柑橘類と合わせて食べると、
動脈硬化予防、血行促進に効果あり、
腸内環境ためには常備しておきたい野菜の1つです。