腸内環境改善とうなぎは関係ありますか?

腸内環境とうなぎの関係は、
豊富な栄養素にあります。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
うなぎの栄養素はとてつもないものがあります。

例えばDHAやEPAのような不飽和脂肪酸が
豊富に含まれておりこれらの成分はコレステロール値を低下させ、
中性脂肪を減らすため脂肪肝や肝硬変に効果的です。

またこれらの成分以外にもDPAという成分が大量に含まれています。

DPAとはDHAやEPAと同じく不飽和脂肪酸の1つであり、
同じように脂肪肝や肝硬変に効果的な成分です。

その効果はEPAの10倍ほど。

しかもうなぎはこのDPAを大量に保有しており、
多くの魚の中でもトップクラスの保有量があります。

ところが注意しなければいけないこともあります。

それはビタミンA(レチノール)が大量に含まれているということです。

ビタミンAは欠乏すると夜盲症や免疫力の低下を招くため必要な成分なのですが、
過剰に摂取すると腸内環境を低下させて肝機能障害になることもあります。

しかもうなぎはビタミンAの保有量がトップクラスなので、
食べ過ぎは肝臓に大きなダメージを与えるということです。

これはうなぎを食べ過ぎた場合で、
通常の食事をしていればビタミンAの過剰摂取になることはありません。

腸内環境の数値を改善するためには、
バランスのよい食生活が基本です。

1つの栄養素にまどわされて、過剰摂取はやめましょう。

腸内環境改善とピザは関係ありますか?

腸内環境とピザの関係は、
炭水化物と油分にあります。

見た目からして肝臓に悪そうな食材ですが、
実は栄養価が高い料理ともいわれています。

ピザにはチーズ、トマト、バジルを使ったマルゲリータが起源で、
当時は

「トマトは毒だ!」

と思われていたのを、勇気をだしてピザにして食べたら

「うまかった。」

というエピソードがあります。

てっきり体を健康で丈夫にするために、
高カロリーのピザにいきついたのかと思っていたのですが、
食べるものがなくてやむをえず・・・というのは意外ですね。

と自分の勘違いはさておき、

「ピザはうまい!」

ということで少しづつ世界に愛されていきます。

高カロリーで太るという残念賞がつきものですが、
トマトペースト、チーズ、パン生地は決して悪いものでもないようです。

例えば、二日酔いの後にピザが効果的!という言葉があります。

「うそでしょ!?」

と思いましたが、こんなことが書かれていました。

ピザのベースとなるチーズには乳酸菌が含まれており、
熱を通すと死菌となりますが、これが生菌の状態よりも、
何倍も力を発揮します。

乳酸菌が腸内で繁殖して、
体内に入った食物をある程度分解してくれることにより、
肝臓での分解作業を軽減させる力があります。

またアミノ酸を豊富に含んだチーズは、
腸内環境を活性化させてアルコールを分解させる力があります。

トマトにはリコピンによる抗ガン作用、
リノール酸によるコレステロール値を低下させる作用と、
こちらも腸内環境の向上と脂肪肝、肝硬変に効果的です。

たしかにこのように書かれていると、
良い食べ物だということがわかりますね。

しかし、高カロリーで脂肪が多いので、
ピザそのものが肝臓で分解しにくい事実は変わりません。

結果として若い方や健康的な人専用の
腸内環境の予防食ということなんですね。

腸内環境改善とあなごは関係ありますか?

腸内環境とあなごの関係は、
豊富な栄養素にあります。

夏に食べられる魚として、
うなぎとよく比べられる魚なのでご存じの方も多いかと思いますが、
あなごを食べて健康、もしくは腸内環境を高める食材ときくと、
初耳ではないのでしょうか?

私もうなぎと形が似ている魚なので、

「おそらく健康にいいだろうな。」

と思っていただけで実際よくわかっていませんでした。

あなごは、うなぎほどではありませんが栄養価が高く、
脂質がほとんど無いのでうなぎよりもさっぱりと食べられます。

もっともうなぎの場合は油を落とす焼き方で調整しているようですが、
脂質がほとんどないあなごには敵いません。

魚の脂は健康に問題ないとする方も多いですが、
栄養価が高く高タンパクなのに脂がほとんどないのは、
食事制限を受けている方にしてみれば「神の魚」といってもいいのかもしれません。

さてこのあなごですが、
魚介類特有のDHAとEPAのほかに、
DPAという成分がたくさん含まれています。

DPAとはDHAやEPAと同じ不飽和脂肪酸の1つで、
中性脂肪を下げたり、コレステロール値を低下させる効果があります。

その効果はEPAの10倍ほど!

つまりあなごを食べれば、
中性脂肪が無くなり腸内環境が強化され、
脂肪肝になりにくくなるということなんですね。

あなごの時期は初夏。

うなぎよりも安価で手に入ります。

腸内環境改善といわしは関係ありますか?

腸内環境といわしの関係は、
カルシウム、カリウム、タウリンにあります。

まずカルシウムは骨を丈夫にするイメージがありますが、
強力な細胞壁を維持させる成分でもあります。

細胞壁が傷つくと、その傷からカルシウムが入り込み、
肝臓壊死という病気を引き起こしてしまいます。

カルシウム自体は肝臓にしてみると「毒」ですが、
この毒が入り込まないように防御している細胞がカルシウムを必要としているので、
予防としてカルシウムが必要ということになります。

カリウムも同じで肝硬変予防に効果的なミネラルですが、
腸内環境が低下しているときに摂取すると「高カリウム血症」となり、
心臓がいきなり停止するような病気を引き起こしてしまいます。

結果として病気ときは「食べるな」ということになりますが、
病気にならないための予防として必要な食べ物になりますので、
健康の時はたくさん食べた方がいいということになります。

タウリンは健康ドリンクでお馴染みの成分で、
腸内環境を強化させる成分として有名ですね。

「ではタウリンはどうなのか?」と調べたところ、
肝臓病や肝硬変のときに摂取しても問題ないですし、
とり過ぎても問題がないとされています。

むしろタウリンに関してはしっかり摂取していないと、
腸内環境を弱め、肝臓病になるリスクが大きくなるため、
積極的に摂取した方が効果的です。

なお、いわしは一時期数を減らして値段が高騰していましたが、
今は値段が安定しています。(2016年)

腸内環境改善と馬肉は関係ありますか?

腸内環境と馬肉の関係は
豊富なアミノ酸と低脂肪、高タンパク質にあります。

馬肉は牛や豚とは違い、
脂肪分が少なく肝臓に負担がかかりにくい食材です。

それでも肉という種類のためか、
魚介類に比べると肝臓に負担をかける食材になりますが、
それでも肉を食べるならば馬肉の方がいいのかもしれません。

また馬肉には豊富なアミノ酸が大量に含まれており、
これらが腸内環境を高めるためには必要不可欠となります。

アミノ酸の中には必須アミノ酸という成分がいくつかあり、
これらが欠乏すると疲れやすくなったり、めまい、息切れなどを引き起こし、
血中のコレステロールを増加させてしまため、
脂肪肝、肝硬変になるリスクが大きくなります。

逆に適度に摂取していると血中のコレステロールを低下させて、
腸内環境を高めることができます。

しかし、必須アミノ酸の過剰摂取は嘔吐、下痢などを引き起こすため、
サプリメントで摂取する場合は注意が必要です。

必須アミノ酸の中には野菜では摂取できない要素がたくさんありますので、

「肉だから食べない方がいい。」

という考え方は当てはまりません。

腸内環境の数値を改善するためには、
あらゆる食材をバランスよく摂取することで成り立ちます。

腸内環境改善とハモは関係ありますか?

腸内環境とハモの関係はリジンとメチオニンにあります。

リジンとは必須アミノ酸のひとつで、
年齢を重ねるとともに不足しがちになるため摂取する必要があります。

不足するとめまい息切れ、腸内環境の低下を引き起こし、
血中のコレステロール値を増加させます。

逆に適切な摂取をこころがけると、
腸内環境の活性化させコレステロール値の低下、
消化酵素を活性化させて脂肪酸が適切に利用させるようになります。

つまり脂肪肝に効果的だということなんですね。

過剰な摂取は腎機能障害を引き起こす恐れがあるので注意が必要ですが、
サプリメントのような濃厚なリジンを体に入れずに、
食べ物で補っていけば問題ありません。

メチオニンも必須アミノ酸の1つで、
腸内環境を高める効果があります。

メチオニンには肝臓に溜まった老廃物や毒素を外へ排出して、
血中のコレステロール値を低下させ脂肪がたまらないように保護してくれます。

こちらもサプリメントによる過剰摂取は、
めまい、嘔吐などを引き起こすため大変危険です。

どちらも過剰摂取は危険ですが、
とくに腸内環境障害を起こしてしているときに摂取すると、
逆に症状を悪化させる恐れがあるため、
健康なときに食べたほうがいい食べ物だということになります。

ハモの時期は夏です。

腸内環境改善とナゲットは関係ありますか?

腸内環境とナゲットの関係は
ピンクスライムにあります。

ナゲットについてネットで調べると、
「ピンクスライム」という言葉が出てきたので、

なんだスライムって?

ピンクスライム?生き物?
いやいや、そもそも食べ物なのか?
それとも某有名ゲームの?

と思いましたが、くず肉を集めて
ペースト状にした加工肉のことを言うのだそうです。

くず肉には骨、内臓もろもろ入っているので、
そのままでは腐りやすいので洗濯機のような機械で丸洗いした後、
アンモニアなど各種薬品を添加して、
ちょっとしたことでは腐らないものになるのだそうです。

作る過程を動画で見てみると、ドックフードや猫缶ならず、
まさにヒューマンフードが出来るまでといった感じで、
今の文明化学の力を見せつけられたような感じでした。

これが冷凍食品などの綺麗な箱に梱包されて、
私たちの食卓に運ばれるというわけなのですが、
原材料名を見ても「牛肉」「とり肉」「ぶた肉」「保存料」
としか書かれていないので実際どんなものが入って、
どんな工程で作られているのかさっぱり分からないということです。

某有名ハンバーガーショップでは

「ピンクスライムは使われていません!」

と言っていますので、とりあえず安心だと思いますが、
大型掲示板などでその話題を読むと、

「おい、みんな朗報だぞ!あのナゲットにはピンクスライムが使わていないって話だぞ!」
「本当か!あーよかった!よかった!」

とまるで歓喜に包まれたような言葉がたくさん投稿されていました。

腸内環境改善と太刀魚(たちうお)は関係ありますか?

腸内環境と太刀魚の関係は、
豊富なDHAとEPAにあります。

他にもオレイン酸も含まれているので、
悪玉コレステロールを低下させて、
腸内環境の改善、脂肪肝を正常な状態にするなど、
優れた効果があります。

元々太刀魚は油が多い魚ですが、
このオレイン酸が大量に含まれているので
油っこく感じないのだそうです。

オレイン酸はベニバナ油などの精油にも含まれており、

「コレステロールを低下させる!」

というデカデカと書かれた広告をスーパーで目撃した方も多いのではないのでしょうか?

次にDHAとEPAですがこちらも脂肪肝に効果的な成分です。

DHAとEPAは魚の油に含まれている成分で、
特に太刀魚は油だらけということもあり、
効率よく摂取することができます。

ネットで検索するとDHAとEPAは似たような効果が
おおざっぱに書かれていることが多いですが、
この2つの成分には明確な違いがあります。

まずDHAは脳の伝達神経に働きかけ、
記憶力、発想力を強化してくれます。

脳が発達段階の子供に効果的で、

「勉強にDHA!」

という広告もドラッグストアの
サプリコーナーにいくと見ることもありますね。

EPAは血管のコレステロールを低下させる効果があり、
脂肪肝を正常にするには効果的です。

腸内環境改善とムラサキキャベツは関係ありますか?

腸内環境とムラサキキャベツの関係は、
豊富な栄養素とアントシアニンにあります。

緑のキャベツもそうですが、
各種ビタミンが豊富に含まれていますが、
ムラサキキャベツにはさらにビタミンが豊富に含まれており、
ミネラルは1.5倍ほども含まれています。

本来サラダのいろどりに使われる野菜ですが、
緑キャベツよりも通常使いにしたほうがよさそうですね。

次にアントシアニンですが、
血中のコレステロール値を下げる効果があり、
体の中性脂肪を浄化する力があると言われています。

特に脂肪肝には効果的で、
毎日摂取することで腸内環境の改善効果が期待できそうです。

アントシアニンというと、
ブルーベリーを食べて目に効果的なイメージがありますが、
肝臓にも効果的なんですね。

これだけ豊富な栄養素をもつムラサキキャベツですが、
市場に出回る量が少ないためか緑キャベツに比べてお値段が高い野菜です。

元々いろどりに使われるイメージしかない野菜なので、
当然といえば当然ですがもう少し増えてくれれば良いのかなとも思います。

時期は春、秋、冬と産地を変えながらほぼ年中収穫されています。

またムラサキキャベツはスプラウト(カイワレ)も販売されています。

こちらも使い方は「いろどり」が基本みたいですが、
栄養素は成長したムラサキキャベツよりもずっと高いので、
ホームセンターで種を買って栽培してみてもいいかもしれませんね。

腸内環境改善とえびは関係ありますか?

腸内環境とえびの関係は、
低脂肪で高タンパクの豊富な栄養素にあります。

特に「キチン」という食物繊維が豊富に含まれており、
この成分を摂取すると血中のコレステロール値下げて、
動脈硬化の予防、ガン抑制効果に期待できると言われています。

それだけではなく、
腸内環境の正常化、便秘改善、解毒作用などなど、
調べれば調べるほどいろいろ書かれていますが、

「本当なの?」

と思ってしまいました。

とりあえずキチンに関してはこんな感じでしたが、
えびには脂質がほとんどないので、
体に負担をかけることなく豊富な栄養素を摂取できます。

ではどんな種類のえびが良いのか?

これはさくらえびが一番なのかもしれません。

基本的にえび種類はたくさんあるものの、
栄養素はどれも同じぐらいあります。

ところが殻まで食べる人は中々いないのではないのでしょうか?

そこでさくらえびが一番いいのではないか?

ということです。

殻には豊富なカルシウムが含まれているので、
これが肝臓病予防につながります。

カルシウムが豊富というとしらすも同様ですが、
キチンを摂取しながらカルシウムを摂取できる食材は、
さくらえびしかありません。

さくらえびの名産地は静岡です。

静岡に行くときは、うなぎよりもお勧めします。