腸内環境改善とこしょうは関係ありますか?

腸内環境とこしょうの関係は、
ピペリンにあります。

ピペリンとはこしょうの独特の辛み成分のことで、
薬効成分が高く抗ガン作用、抗菌作用、消化促進など、
あらゆる効果があるとされる身近な調味料です。

ところが刺激物なので肝臓に負担をかけるという見方もされ、

「この刺激物は肝臓に負担をかけるのでは?」

「いやいや、抗菌作用や消化促進作用があるので安全だろう。」

と議論されてきました。

事実、肝臓に刺激物を与えると、
負担をかけることになり腸内環境を著しく低下させます。

ところがピぺリンは少し違うようで、
肝臓の解毒作用を高めることができます。

解毒作用を高めるということは、
腸内環境を改善させるということですね。

では取りすぎはどうなのか?

これに関しては「止めた方が良い。」ということになります。

こしょうを過剰に摂取すると医薬品と相互作用して大変危険なので、
特に肝臓が弱っている人にはおすすめできません。

やはり刺激物は体に悪いというこですね。

このような健康に必要だけど、過剰に摂取すると、
健康被害をうける食品はたくさんあります。

むしろ全部なのかもしれません。

たとえばミネラル成分は必須栄養素であるものの、
過剰な摂取はあらゆる病気を引き起こすようになります。

こしょうもたまに少量だけ摂取する方が、
肝臓にいいということなのです。

腸内環境改善とそばは関係ありますか?

腸内環境とそばの関係は、コリンにあります。

コリンとは聞きなれない成分ですが、
肝硬変や脂肪肝を改善させる効果があるといわれ、
腸内環境の改善に期待できる栄養素です。

どのように改善されるのかというと、
コリンがレシチンを作る材料になるため、
腸内環境の改善に役に立つということです。

レシチンは細胞膜を作る成分で、
コレステロールが貯まるのを防ぎます。

また脂肪を溶かす力があるので、
脂肪肝や中性脂肪を正常な状態にかえてくれる働きもあります。

この作用により脂肪肝や肝硬変を防ぐと言われています。

そばの時期は10~11月ごろ。

この頃に収穫されて流通するそばは「新そば」と言われ、
香りやのどごしがよく非常に人気が高いです。

一般的にそばというと二八蕎麦が主流ですが、
中には小麦粉8のそば粉2のほぼうどんのようなそばも流通しています。

僕はそこまでそばマニアではないので、

「これはそばとは絶対に認めない!」

とは言いません。

ですがコリンを大量に含み、
腸内環境の改善に役立つとするのなら、
絶対にそば粉の比率が明らかに大きい方が効果的だと思います。

他にもコリンはレバーにも含まれているので、
上手に摂取して腸内環境の改善をめざしていきましょう。

腸内環境改善とフライドチキンは関係ありますか?

腸内環境とフライドチキンの関係は、
油とたんぱく質にあります。

とても体に良い食べ物とは言えませんが、
どれぐらい体に影響を及ぼすのでしょうか?

まず市販のフライドチキンには、
「ショートニング」とよばれる油が使われています。

ショートニングとは植物油を固形状にしたもので、
保存性が高く揚げ物に使用すると「サクッ」「パリッ」という、
独特の食感が楽しめます。

食べ物が美味しくなる一方、
「トランス脂肪酸」という危険な成分が製造する工程で生成されており、
健康被害が軽視できないという問題もあります。

主に引き起こす疾患は、
ガン、アレルギー、コレステロール異常、動脈硬化など、
腸内環境を低下させる恐れもあり、
基本的に「食べるな」ということになります。

海外ではすでに製造、販売、すべて中止にしているところが多いですが、
日本では現在もショートニングを使用しています。

身近なところですと、
コンビニにあるクッキーやバランス栄養食品には
ちゃんとショートニングが使われていますね。

バランス栄養食品はドラッグストアでも陳列されていますので、

「たまに食べるとき用に買っておくかな。」

と思う前に成分表をみることをお勧めします。

現在、ショートニングを止めて別の油を使っている
ファーストフードが出てくるようになりましたが、
まだまだ数が少ないのが現状です。

腸内環境のことを考えるとするなら、
揚げたお菓子や食品には十分気を付けましょう。

腸内環境改善とパスタは関係ありますか?

腸内環境とパスタの関係は、
たんぱく質と炭水化物にあります。

パスタは小麦粉だけかと思ったのですが、
パスタの中には卵とオリーブオイルと塩が入っています。

そのため一般的なうどんやラーメンに比べてカロリーが高く、
腸内環境を低下させる恐れがあるといえます。

高カロリー、高炭水化物、高たんぱく質の食品は
肝臓で分解処理するには手間がかかるため、
結論からいうと「食べるな」ということになりそうですが、
不足も問題につながります。

たとえば、たんぱく質不足は
肝臓に筋肉がつきにくくなり肝細胞が傷んでしまいます。

炭水化物も中性脂肪を燃やすエネルギーとして使われているため、
炭水化物不足は「脂肪肝」につながります。

腸内環境に焦点をあてるとこういう事になりますが、
他にも貧血、集中力の低下、抜け毛など、
あらゆる疾患を引き起こすようになってしまうので、
食べないのも返って問題につながってしまうんですね。

じゃあどうすれば良いのか?

それこそが「適度な量に調整する」ということです。

炭水化物を量を減らして、
ジャガイモのような野菜に変更したり、
動物性たんぱく質が多ければ量を減らして
大豆類の植物性たんぱく質に変更することで
腸内環境がアップするようになります。

腸内環境をアップさせるためには、
「食べない」より「他の食材に変えたりして量を調整する」方が効果的なのです。

腸内環境改善としらすは関係ありますか?

腸内環境としらすの関係は、
豊富なビタミンBとカルシウムにあります。

アルコール性肝障害になると各種ビタミンが失われますが、
特にビタミンBが大きく失われます。

しらすには腸内環境に必要なビタミンBが大量に含まれており、
正常な状態にもどしてくれます。

またビタミンDも大量に含まれており、
肝硬変の時にビタミンDが不足することから、
予防効果にも期待できます。

しらすは小魚をまるごと食べるので、
多分優れた効果があると思っていましたが
これは凄いですね。

ビタミンKや葉酸が少ないので、
お茶や納豆などを摂取すれば肝硬変の心配がなさそうですね。

それとカルシウムも腸内環境に重要な役割があります。

人の体はカルシウム不足に陥りやすいので、
不足しすぎると細胞壁を傷つけたりしてしまいます。

特に肝臓が弱っているときに細胞壁に傷がつくと、
大量にカルシウムが流れ込み急性による肝臓壊死になってしまうそうです。

このように書くと、

「カルシウムを取らない方が良いんじゃないのか?」

とも思いましたが、
カルシウム不足で肝臓壊死につながるので、
予防のためにカルシウムを摂取した方がいいということです。

腸内環境の健康維持のために、
欠かさずカルシウムを摂取していきましょう。

なお、しらすは静岡でとれる「釜あげしらす」というしらすが
最もふっくらして甘味があり美味しいそうです。

腸内環境改善と緑茶は関係ありますか?

腸内環境と緑茶の関係はカテキンです。

肝臓には大量のミトコンドリアがいて、
これが効率よく働くことにより脂肪が燃焼して、
脂肪肝に効果があると言われています。

カテキンはミトコンドリアを活性させる力があり、
その力は約2倍ほど。

お茶は健康に良さそうですが優れた効果があるんですね。

それにしてもミトコンドリアとは何でしょうか?

ミトコンドリアとは酸素を必要として生きる細胞です。

元々酸素は有害だったのですが、
大昔に進化の過程で生物がミトコンドリアを取り入れて無害にしたことにより、
複雑で高等な生物になったそうです。

それと同時に有害な酸素で劣化してしまう体になってしまったと言われています。

ミトコンドリアを活性させることにより、
酸素をエネルギーにかえて酸素を必要とする細胞を活性させることができますが、
むしろミトコンドリア無しでは生きていけないのですね。

緑茶の時期は5月ごろ。

このころに摘まれるお茶は新茶と呼ばれ、
とくに香りや甘味がつよく好まれると言われています。

日本全国お茶の産地は多いですが、
やはり静岡産のお茶が美味しいと言われています。

腸内環境の処理能力を高めるためには、
ミトコンドリアが正常に働いてくれることも重要です。

緑茶を毎日飲む習慣を取り入れてみましょう。

腸内環境改善とレタスは関係ありますか?

腸内環境とレタスの関係は、
サポニンにあります。

サポニンとはポリフェノールの一種で、
植物の葉や茎などの白い部分に含まれており、
レタスの場合は白い茎や芯の部分にサポニンが含まれています。

サポニンを摂取すると、
食欲増進、腸内環境を高める働きがあり、
できれば毎日取りたい野菜です。

他にもビタミンC、E、ミネラルが豊富に含まれており、
意外にもβ―カロテンが豊富に含まれています。

β―カロテンは体内に入ると、
ビタミンAに変化して肝臓に蓄積されていきます。

ある一定以上まで肝臓にたまると、
ビタミンAが体中に充満して細胞を傷つけてしまいます。

肌荒れ、脱毛などを引き起こすのも、
ビタミンAの過剰摂取が原因だったのですね。

またビタミンAが不足すると、
免疫の低下、鳥目など引き起こすので注意が必要です。

ビタミンAを過剰に摂取しない方法は、
β―カロテンとして摂取する方法が一番だと言われています。

レタスの場合、炒め物、素揚げ、天ぷらにすると、
カロテンでの吸収率がアップして、かさが減った分、
量がたくさん食べれるようになるので効率よく摂取できます。

時期は4~9月までの春から夏まで。

病害虫に弱い野菜なので、
きれいなレタスほど残留農薬が心配になります。

外側は破棄して、1枚1枚きれいに洗ってたべましょう。

レタスを数日放置して赤くなる部分は、
ポリフェノールが変化したもので、
腐食ではありません。

腸内環境改善と牛乳は関係ありますか?

腸内環境と牛乳の関係は、
たんぱく質と脂肪分にあります。

一般的に牛乳は健康食品の代名詞ですが、
たんぱく質と脂肪分が著しく高く、
体内に入ったときに肝臓に負担をかけすぎてしまいます。

では他の栄養素はどうなのか?と言いますと、
とくに日本で販売されている牛乳に関しては
ほとんど栄養がないと噂されています。

それにはホモジナイズと高温殺菌にあります。

ホモジナイズは牛乳をまろやかにするために
脂肪球を粉々にする作業を言いますが、
この時に酸素と結びつき酸化を進めてしまいます。

牛乳が酸化すると活性化酸素が増えて
ガンの発生確率がアップします。

それから高温殺菌は悪い菌を殺すだけではなく、
熱に弱いビタミンや酵素をことごとく破壊します。

この理論はネットや書籍では賛否両論に別れており、
調べれば調べるほど謎に包まれていきます。

ただ、日本に訪れた外国人が「日本の牛乳がまずいよ!」と言っていたり、
牛乳を飲むと下痢を起こす人もいることから、
牛乳の処理方法を見直した方がいいのでは?という声もあります。

日本人はもともと牛乳とは無縁の生活をしていました。

牛乳が腸内環境に良いのかどうか分からないとするのなら、
飲まずに生活するのも1つの選択肢かもしれません。

腸内環境改善とらっきょうは関係ありますか?

腸内環境とらっきょうの関係は、
硫化アリルにあります。

硫化アリルはたまねぎにふくまれている成分で、
独特のにおいと辛さが特徴の野菜に多いのが特徴です。

効果は疲労回復、ビタミンB1の吸収を促進して新陳代謝の活性化、
血液サラサラ効果など、基本的にはたまねぎと同じような成分です。

唯一たまねぎと違うところは見かけによらず食物繊維が豊富で、
たまねぎの13~15倍、ごぼうの3~4倍もあるというところです。

中華料理、台湾料理、タイ料理などでは
普段の料理に刻んで炒めて使うことが多く、
原産地の中国では古くから精力剤の1つとして愛されてきました。

時期は6~8月ごろ。

生命力の強い野菜なので放置しておくと
どんどん芽が伸びるので、購入したら早めに調理しましょう。

一般的には栄養素がそのままとれる漬物が効果的です。

漬物ならなんでも良いです。

味噌漬け、浅漬け、酢漬け、ぬか漬けなど、
なんでも美味しくつかります。

お勧めは沖縄産の島らっきょうで、
形がエシャロットに似たらっきょうです。

ほどよい辛みと風味があり、アルコール分解効果がアップするため、
お酒を大量に飲むときに食べると二日酔いになりにくくなると言われています。

腸内環境を高めるためには
たまねぎよりもお勧めな食材かもしれません。

腸内環境改善とたまねぎは関係ありますか?

腸内環境とたまねぎの関係は、
硫化アリルにあります。

独特なにおいと辛さの原因となる硫化アリルですが、
体内に入ると優れた効果を発揮します。

たとえばネズミに長期間に渡り硫化アリルを投与すると、
腸内環境の解毒作用を補助する効果あることがわかり、
これを薬にできないかと研究が進められているそうです。

疲労回復効果、新陳代謝の活性化、血液サラサラの効果、
抗菌作用などなど、硫化アリルとは聞いたことがない成分ですが、
優れた効果があるんですね。

これだけ優れた効果がある硫化アリルですが、
加熱すると成分が変化してしまうので、
たまねぎ効果を期待するなら生食が一番いいでしょう。

また水にさらすと各種ミネラルや
硫化アリルが溶けて流れ出してしまいます。

さらすのも適度に。

たまねぎは年中野菜コーナーに陳列している野菜ですが、
時期は4~5月ごろ。

このころに収穫されるたまねぎは、
最も甘味がありやわらかく、
「新たまねぎ」と呼ばれています。

他にも同じ時期に出回る「サラダたまねぎ」も、
辛みが少なく生食に向いています。

他にもあさりやしじみをバターで炒めて、
薄く刻んだ生たまねぎをふりかければ、
硫化アリルを摂取しながら腸内環境も強化できるオカズにもなります。